F1のスーパーライセンス発給条件を数値化、日本のスーパーフォーミュラも対象

6

2015年01月06日 22:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真F2のチャンピオンには最も多い60ポイントが付与。ランキング3位以内でライセンスの発給条件を満たす
F2のチャンピオンには最も多い60ポイントが付与。ランキング3位以内でライセンスの発給条件を満たす
 FIA国際自動車連盟は、F1のスーパーライセンスを発給するための指針となる、新たなポイントシステムの数値表を公表した。

 昨年、トロロッソが2015年のレースドライバーとして当時16歳だったマックス・フェルスタッペンと契約するなど、ここ数年はF1においてドライバーの低年齢化が進行、危惧されている。

 こうした流れを受け、FIAは昨年12月に、2016年からのスーパーライセンス発給条件を数値化した新たなポイントシステムを批准した。

 このシステムでは、FIAが定めた選手権のランキングごとにポイントが与えられており、スーパーライセンスを申請するドライバーは、これらの選手権で過去3シーズンの間に最低40ポイントを獲得することが必要になった。

 今回、FIAがポイント付与の対象に挙げたのは大きく分けて11の選手権およびカテゴリーで、そのうちGP2、WEC世界耐久選手権(LMP1のみ)、インディカー、ヨーロッパF3、そして今後実施が予定されているFIA F2という5つの選手権には、タイトル獲得でスーパーライセンス発給条件を満たす40ポイント以上が与えられている。

 一方、これまでGP2と同格に考えられていたフォーミュラ・ルノー3.5は、GP3と同じくチャンピオンになっても30ポイントしか取得できない。また、日本のトップフォーミュラで、近年はF1に迫るスピードをみせているスーパーフォーミュラは、GP3よりも低い20ポイント(タイトル獲得)しか手にすることができない。

 なお、スーパーライセンスを受給するには、上記のポイントに加えて、有効な運転免許を持っていること、18歳以上であること、F1のスポーティングレギュレーションに関する知識を有していること、さらに現行あるいは最近のF1マシンで300kmのテスト走行を行うこと、マイナーフォーミュラにおいて最低でも2年間参戦した経験も必要とされる。

【F1スーパーライセンス ポイントシステム】
選手権カテゴリー | 1位 | 2位 | 3位 | 4位 | 5位 | 6位 | 7位 | 8位 | 9位 | 10位

FIA F2選手権(今後実施予定) | 60 | 50 | 40 | 30 | 20 | 10 | 8 | 6 | 4 | 3
GP2選手権 | 50 | 40 | 30 | 20 | 10 | 8 | 6 | 4 | 3 | 2
ヨーロッパF3選手権 | 40 | 30 | 20 | 10 | 8 | 6 | 4 | 3 | 2 | 1
FIA 世界耐久選手権(LMP1のみ) | 40 | 30 | 20 | 10 | 8 | 6 | 4 | 3 | 2 | 1
インディカー | 40 | 30 | 20 | 10 | 8 | 6 | 4 | 3 | 2 | 1
GP3選手権 | 30 | 20 | 15 | 10 | 7 | 5 | 3 | 2 | 1 | 0
フォーミュラ・ルノー3.5 | 30 | 20 | 15 | 10 | 7 | 5 | 3 | 2 | 1 | 0
スーパーフォーミュラ | 20 | 15 | 10 | 7 | 5 | 3 | 2 | 1 | 0 | 0
FIA公認国内F4選手権 | 10 | 7 | 5 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0
国内F3選手権 | 10 | 7 | 5 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0
フォーミュラ・ルノー | 5 | 3 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0
(EuroCup, ALPS or NEC)

このニュースに関するつぶやき

  • FIAが「このカテゴリーに参加した方がF1に進むのにはお得ですよ」と言っている様にも取れますね。(F2ってここ数年全く実績無いのに…)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • どうせスポンサーの持ち込みが多いドライバーに「特例」が発動するんだろ?バーニー?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定