ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 篠崎愛、3年ぶりの写真集で家族からも心配される大胆ショットを披露

篠崎愛、3年ぶりの写真集で家族からも心配される大胆ショットを披露

1

2017年11月03日 19:03  新刊JP

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真『結晶』をアピールする篠崎愛さん
『結晶』をアピールする篠崎愛さん
歌手でグラビアアイドルの篠崎愛さんが11月3日、写真集『結晶』(西條彰仁写真、講談社刊)の出版を記念したイベントを東京都内の書店で行った。

『結晶』は篠崎さんにとって3年ぶりとなる写真集。また、『結晶』の別エディションとなる韓国版『夢幻』と台湾版『戀愛』も11月2日に発売されており、グラビア界では前代未聞の「3ヶ国同時リリース」となった。



25歳になった篠崎さんの等身大の姿が収められている本作では、大胆なショットにも挑戦。本のカバーを見た母親からは最初、「こういうポーズはNGにしてなかったっけ?」「OKして大丈夫なの?」と心配されたそうで、新たな境地を見ることができる。

沖縄とハワイで行われた撮影は、順調に進んだという。「沖縄では好きな豚しゃぶ屋さんを見つけて、毎日行っていました。3年ぶりの写真集なので(食事は)サラダとかにしようと思っていたけど無理でした」と撮影時の思い出をコメント。
また、お気に入りとして挙げた、白いビスチェを着たカットについては「ビスチェは好きです。普段は着ないのですが、ギュッと(体を)締めて、良い凹凸を出してくれるので(笑)」と“ビスチェ愛”を告白した。



また、3ヶ国同時リリースについて聞かれると、「最近海外でも『応援しているよ』とか『大好きです』という声をかけられたりするので、御礼というか、いつもありがとうという気持ちで、写真集を(韓国、台湾で)出してみようということになりました。楽しんでもらえたらいいなと思います」と海外のファンにもメッセージを寄せた



最近は歌手としての活躍の場を広げている篠崎さん。今後について聞かれると「すべての人に愛される、みんなから好かれるような人になりたいです(笑)。グラビアも需要がある限りは続けたいし、いろんな面を見てほしいですね」と意気込んでいた。



(新刊JP編集部)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定