ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ポップコーンはヘルシー? 意外な危険にご用心

ポップコーンはヘルシー? 意外な危険にご用心

0

2018年07月03日 11:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<食物繊維豊富で低カロリーだがレンジ製品には化学物質も>


映画観賞のお供といえば、ポップコーン。低カロリーで食物繊維豊富、しかも未精白というのが頼もしい。でもヘルシーだと考えるのはちょっと待って。知っておくべきポップコーンの真実はこんなにある。


ポップコーンの中で、最もヘルシーな種類は?


余計なものを足していない純粋なポップコーン、つまり、油を使わずに熱風で破裂させるエアポップ製法が一番ヘルシーだ。乾燥したトウモロコシの粒を電気のポッパーに入れると、粒が破裂してポップコーンになる。


何も足さない場合、1カップのエアポップコーンは31カロリーで、タンパク質1グラム、炭水化物6グラム、食物繊維1.2グラムを含む。脂肪、塩分、コレステロールはゼロ。「油を使わなければ低カロリーで、かみ応えも満腹感もある」と、カナダの登録栄養士アビー・ランガーは説明する。


電子レンジ用の製品もヘルシー?


レンジ用ポップコーンには少々問題がある。レンジでチンした直後のポップコーンの袋を開けると強烈な匂いがするのは、数々の化学物質が含まれているからだ。


これを定期的に吸い込むと、閉塞性細気管支炎(通称ポップコーン肺)という珍しい病気になる可能性があると、専門家は警告している。「蒸気と一緒に何らかの化学物質、おそらくは植物油の代謝物が出ている」と、ニューヨークのレノックス・ヒル病院の呼吸器科医レン・ホロビッツは言う。


また、電子レンジで作るポップコーンの容器の内側にはペルフルオロオクタン酸が塗ってあることもある。動物実験で発癌性が認められた化学物質だ。


いっぱい食べたいけど、ちょうどいいカロリーや分量は?


映画館でよく食べる人は、そこで買うポップコーンのカロリーを知っておいたほうがいい。大手映画館チェーンで売っているバターの入っていない製品は、サイズによって200〜100カロリー超とも言われている。


つまむなら、3カップ程度の量のエアポップコーンが理想的だ。この分量なら、脂肪分1グラム、食物繊維3.5グラム、塩分2ミリグラム程度で、100カロリー未満。だが、フレーバー付きポップコーンはこの数字がぐんと上がることを忘れてはいけない。


フレーバーについて知っておくべきことは?


バター味ポップコーンには、体内のコレステロール値を上げるトランス脂肪酸がある程度含まれている。それ以外の強いフレーバーの製品も食べ過ぎないほうがいいとクリーブランド・クリニックの医師ローラ・ジェファーズは言う。


「電子レンジでは焼けてしまう砂糖の代わりに人工甘味料が使われている」から、キャラメル味などの電子レンジ用製品は健康にいいとはいえない。「トリュフオイル味やチーズ味も、トリュフやチーズは入っておらず、人工的な化学物質で作られる」


味の付いていないポップコーンで物足りない人は、ヘルシーな調味料で軽く味付けするのがいい。パプリカパウダーやパルメザンチーズ、レモンペッパー、ジンジャーパウダーなどだ。知識と工夫で、ポップコーンのヘルシー度は上げられる。


<本誌2018年7月3日号掲載>


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>



サダナ・バラニダラン


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定