ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ウーマン村本が『朝生』AI特集を痛烈批判! 「いま沖縄やらずにAIって」 『報ステ』に続き政権批判放棄か

ウーマン村本が『朝生』AI特集を痛烈批判! 「いま沖縄やらずにAIって」 『報ステ』に続き政権批判放棄か

15

2018年09月10日 07:01  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真テレビ朝日『朝まで生テレビ』公式HPより
テレビ朝日『朝まで生テレビ』公式HPより

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔が関係の深いあの名物番組に痛烈な批判を繰り広げて話題になっている。



 その番組とは『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)。8月31日深夜放送回は「激論!“人工知能・AI社会”と日本」と題して「将来的に日本の雇用はAIに奪われてしまうのか?」「その際の働き方はどのようになるのか? 国民の生活はどうなるのか?」といった問題について討論が行われた。



 それに対して、村本は『朝まで生テレビ!』放送中にツイッター上でこのような文章を投稿した。



〈おれとの約束守って沖縄やってくださいよ。沖縄のスペシャルやるって約束したでしょう。慰霊の日も、知事選も無視。いま沖縄やらないでAI? ほんとにくだらない〉

〈いまは沖縄やれよ、朝までバカテレビ〉

〈沖縄やれよ いま沖縄やらずにAIって〉



 8月8日に翁長雄志沖縄知事が亡くなり、沖縄を取り巻く環境が激変しているなか、急務とは思えないAIを取り上げることに村本は疑問を投げかける。



 ご存知の通り、村本と『朝まで生テレビ!』といえば浅からぬ関係がある。そして番組内で村本は確かな仕事をしてきた。



 たとえば、「安倍政治と日本の平和」をテーマにした2017年8月11日放送回では、北朝鮮に対し「圧力」一辺倒で「対話」に舵を切ろうとしない安倍政権を「安倍さんに対していろんなニュースを見て思うのは、みなさんにぜひお聞きしたいんですけど、やっぱりこう、戦争の臭いがプンプンする人な気がする。戦争臭というか。それがずっと感じるのが怖さみたいなのがあって」と指摘した。



●沖縄基地問題も自民党総裁選もスルーして、AIを特集した『朝生』



 さらに、山本一太議員が、拉致問題を例に「日本人みんな基本的に北朝鮮嫌いですよね?」と言うと、村本はすかさず「ぼく、嫌いじゃないです」と返答。そして、日本の加害責任にまで言及するこのような意見を述べたのだった。



「ぼくの友だちが北朝鮮の学生とこのまえ喋ったときに、日本のね、北朝鮮の拉致問題の話をしたときに、だったら日本はそのまえに北朝鮮を植民地にしているじゃないかと。なんで自分たちの都合のいいところだけ切り取るんだということを喋っていたんですよ。それで『嫌い』って、都合いいなって思うんですよね」



 ネトウヨからの炎上も恐れず、危ういトピックにまで踏み込んで議論に臨む姿勢を買われてその後もたびたび番組に出演していただけに、村本の〈朝までバカテレビ〉とのツイートには驚きの声もあった。



 しかし村本の批判は、まったくその通りとしか言いようがない。いったなぜ今AIが討論テーマなのか、甚だ疑問だ。村本の指摘する通り、翁長雄志沖縄県知事の死去、辺野古新基地の埋め立て承認撤回、沖縄県知事選などを考えれば、沖縄の基地問題を討論のテーマにするには、かなりふさわしいタイミングだった。AIより討論すべきテーマは沖縄だけではない。自民党総裁選を前に、約6年間の安倍政治や安倍一強体制の検証はジャーナリズムの責務のはずだし、あるいは8月というタイミングを考えれば、憲法9条や核の問題を討論することもあり得ただろう。そうした喫緊の課題を取り上げず、いったいなぜひまネタ同然のAIだったのか。



 番組司会者の田原総一朗は7月に新著 『AIで私の仕事はなくなりますか?』(講談社)を出版しており、8月31日深夜放送回の討論のテーマがAIになったのは、まさかその影響だろうか。しかし、自著の宣伝ならなおさらよほどネタ枯れのときならまだしも、いまやるべきことではないだろう。しかも、今月だけのことではない。実は『朝まで生テレビ!』は先月も日本の政治問題を扱っていない。7月27日深夜放送回は「激論!トランプ大統領と“世界貿易戦争”」と題してトランプ大統領の外交政策を中心に討論を行っていた。



●『報道ステーション』に続き、『朝まで生テレビ』でも政権批判放棄か



 2013年4月26日深夜放送回「激論!ネット世代が日本を変える?!」のように、『朝まで生テレビ!』も政治に直接関係ない議題で討論を行うこともなくはないが、2カ月連続で日本の政治問題について扱わないというのは、番組公式ホームページに記載されている2013年までのバックナンバーを見る限り、他に例はない。



 これを見て想起せずにいられないのは、同じテレビ朝日の『報道ステーション』のことである。



 本サイトでも何度も取り上げているが、今年の7月をさかいに『報道ステーション』の報道姿勢は大きく変わった。



 安倍政権に批判的な報道はほとんどなくなり、杉田水脈衆議院議員のLGBT差別発言や赤坂自民亭問題でも、安倍首相が公の場でコメントしない限り扱わないという傾向が続いたのだ。



 代わりに『報道ステーション』が熱心に取り上げているのはスポーツニュースである。たとえば、カジノ法案が参院予算委員会で強行採決された7月19日、番組は東京五輪の競技日程が決まったことを巨大なボードを用意してトップニュースとして報じ、富川悠太キャスターも「ワクワクしてくるでしょ? あと2年もあるのに!」と大はしゃぎ。懸念されている暑さ問題などについても申し訳程度にしか触れず、日本のメダル獲得が期待されている競技を事細かに紹介するという気の早さで、時間にして約16分、東京五輪の話題に費やした。あるいは、甲子園の話題を冒頭から何分も取り上げた日も少なくなかった。



 この異変の原因は、『報道ステーション』チーフプロデューサーに就任した桐永洋氏だ。今年7月から桐永氏がチーフプロデューサーに変わったことで番組の変遷が起きたといわれている。この人事には“テレ朝のドン”こと早河洋会長の意向があるとされる。早河会長は安倍政権に非常に近い人物で、2013年より幻冬舎の見城徹社長の仲介をきっかけに安倍首相と会食を繰り返すようになり、それ以降、『報道ステーション』の安倍政権・原発批判路線からの転換を迫ってきたといわれている。



●『モーニングショー』『ワイド!スクランブル』も!テレ朝から政権批判が消えそう



 実際、「週刊文春」(文藝春秋)18年8月30日号では、原発問題等を取り上げてきた敏腕ディレクターをはじめ、政権批判や社会問題に取り組んできたスタッフが切られ始めている問題も報じられている。



 2011年からサブキャスターを務めてきた小川彩佳アナウンサーも9月いっぱいで同番組を降板すると発表されているが、小川アナはリベラルなスタンスで政権に批判的なコメントも行ってきたキャスターだ。小川アナの降板も一連の流れのひとつといわれる。



 小川アナのいなくなった10月からは、月曜から木曜まで富川悠太アナとともに、フリーアナウンサーの徳永有美氏がキャスターを務める。バラエティー色の強い徳永アナの起用で『報道ステーション』のワイドショー化がさらに進むことが予測されている。



『報道ステーション』だけではない。朝のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』もある時期から政治ネタが明らかに減りなんの緊急性もない健康情報などヒマネタばかり扱うようになっているし、お昼の情報番組『ワイド!スクランブル』も10月からネトウヨ・安倍応援団的発言の多い小松靖アナがMCに就任する。



 テレビ朝日の報道番組・情報番組の多くがこうした状況なのだから、『朝まで生テレビ!』がそのような流れの渦中にあったとしてもなんらおかしくはない。



『朝まで生テレビ!』番組ホームページを見る限り、次回9月28日深夜放送回の予定はいまのところ未定となっているが、引き続き状況を注視していきたい。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • こいつと室井何とかってアホ女の言ってる事の真逆が、ごく真っ当な意見になると思われる。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 沖縄知事選?自民総裁選?はぁ?🤪沖縄知事選っつったって単なる知事選挙にすぎね〜し、自民総裁選だって一政党の代表を決める選挙にすぎね〜んだけど🤪
    • イイネ!45
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

ニュース設定