ホーム > mixiニュース > 社会 > 日弁連「えん罪防止が不十分」 刑事司法改革グランドデザイン公表 市民に配布へ

日弁連「えん罪防止が不十分」 刑事司法改革グランドデザイン公表 市民に配布へ

5

2018年10月31日 19:22  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

日本弁護士連合会(日弁連)は10月31日、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見を開き、「えん罪を防止するための刑事司法改革グランドデザイン」を公表した。


【関連記事:孤独死の背景に「セルフネグレクト」枕元に尿、ゴミの中で絶命…特殊清掃業者の現場】


グランドデザインは、日弁連がこれまで公表してきた、えん罪の防止にかかわる意見書をとりまとめたもの。刑事司法手続きの現状や問題点などがまとめられているほか、えん罪の原因を究明するための調査機関を設置することなど、日弁連の意見について書かれている。


会見で吉成務・副会長と河津博史・刑事調査室長は、つぎつぎと発覚するえん罪事件を問題視。2人はそれぞれ、「えん罪の防止は刑事司法でもっとも重要な課題」と述べた。


●えん罪の防止は「不十分」

平成29年の司法統計によると、裁判官が逮捕状の請求を却下したのはわずか0.1%ほど。また、不起訴になったとしても、犯罪の事実を認めたことになる「起訴猶予」となる割合が89.4%を占めている(平成29年検察統計年報)。


罪をおかしていない人が犯罪の疑いをかけられて逮捕されたり、「起訴猶予」になったりしたとしても、これを不服として争うことはできない。河津室長は「いまの刑事司法制度は、えん罪防止の観点からみると不十分」と指摘した。


グランドデザインは最高裁判所、法務省などの関係機関だけではなく、将来の法律家を養成する法科大学院などに送付するという。吉成副会長は「市民集会などでも配布し、市民に刑事司法の現状や問題点を知ってもらいたい」と話した。


(弁護士ドットコムニュース)


このニュースに関するつぶやき

  • 日弁連って死刑制度廃止を叫んでる犯罪者の味方集団だろ?遺族の感情がわからないサイコパス集団だろ?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 拘束されて不起訴になっても、それなりの理由があれば何の補償もされないのはおかしい。また、長時間取調べ、弁護士同席不可、一部可視化、代用監獄では冤罪を防げない。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定