ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > パナソニックとタッグを組むのは、NEOかわいい4人組バンド? “家事シェア”をしながら、音楽でモチベーションを上げよう!

パナソニックとタッグを組むのは、NEOかわいい4人組バンド? “家事シェア”をしながら、音楽でモチベーションを上げよう!

0

2018年11月06日 20:10  d.365

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

d.365

写真掲載:d.365
掲載:d.365
パナソニックが提案する“家事シェア”とは、もっと家電に家事を任せて、家族での団らんの時間や心にゆとりのある生活を作ろうという考え方。洗剤の投入から乾燥まで全自動で行ってくれる『ななめドラム洗濯乾燥機 Cuble』や、食後に食器を洗う手間を省いてくれる『食器洗い乾燥機』、外出時に掃除を終わらせておいてくれる『ロボット掃除機 RULO』などの家電を自宅に導入して、QOLが格段に上がったという人も多いだろう。

【詳細】他の写真はこちら


しかし最新家電により面倒な家事から解放される一方で、すべての家事を家電にお願いできるわけではない。自分の手で片付けなくてはならない細々と家事、通称“名前のない家事”も存在する。少しでも家事をラクにしたい! そんな思いからパナソニックが新たに発表したのは、“家事がはかどる音楽”だ。

家事がはかどる音楽『GREAT JOB』の制作を担当したのは、アメリカやイギリスなどでも活躍するNEOかわいい次世代バンド「CHAI(チャイ)」。なんでも、“ネガティブをポジティブに”し続けるCHAIの姿が、面倒な家事を少しでも楽しくする考え方にマッチしたことで今回のタッグが誕生したのだとか。

https://www.youtube.com/watch?v=PihvvLzRWmo&t=23s

『GREAT JOB』の制作には環境音楽家の小松正史氏も関わっており、論理的に考えられた“家事がはかどる音楽” に仕上がっている。小松氏いわく、脳の偏桃体が反応して快感や充足感を生み出す150bpmの「リズムの早さ」、歌詞が短く音韻が整っている「頭に残るメロディー」、周波数が高い声による注意喚起をうながす「イントロダクションの耳引き」、拍手などの効果音によって家事をしたこと褒められる承認欲求を満たす「エンディング」の4つが楽曲のポイントだという。

またパナソニック・プロダクト解析センターによる実証実験によると、『GREAT JOB』を聴きながら家事をした場合、やる気が出る、気分が乗るといったモチベーションの向上に繋がるという結果も出ている。

家事の分担が上手くいかず、喧嘩やトラブルになってしまったという夫婦もいるだろう。家事の負担を少しでも減らすために、便利な家電を使ったり、家事がはかどる音楽『GREAT JOB』を聴いたりなど、パナソニックが提案する家事シェアの考え方を家庭に取り入れてみてはいかがだろうか。

関連サイト
LET'S KAJI SHARE. 家のこと、楽しもう。(Panasonic)

textコバヤシユウタ(編集部)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定