ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ボヘミアン・ラプソディ』

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ボヘミアン・ラプソディ』

3

2018年11月09日 19:22  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、高校生の頃、同級生の五十嵐くんからクイーン『グレイテスト・ヒッツ』を借りて感銘を受けた石井が『ボヘミアン・ラプソディ』をプッシュします。


参考:「We Will Rock You」を全身で味わう映画体験 『ボヘミアン・ラプソディ』4DX特別映像


 日本シリーズも幕を閉じ、現在開催中の日米野球も終われば、いよいよ完全オフシーズンとなるプロ野球界。我がベイスターズは3年連続のクライマックス・シリーズ出場を逃し、4位という2年ぶりのBクラスとなりました。敗因としては昨年強みであった先発投手陣の不調。何と言ってもエース格であった今永昇太の大不振が痛かったです。そんな今永の登場曲がクイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」。今永がこの曲を登場曲に選んだ理由を筆者は知りませんが、おそらく自分を奮い立たせるため、そして球場でファンと一体になるという狙いがあったのではないかと思います。登場曲は、登場するときではなく、ヒーローインタビューに選ばれる際がもっとも長く場内に流れます。約2分であるこの曲は終わってしまう、と心配したものでしたが、今永が今年はヒーローインタビューに呼ばれることはなく、横浜スタジアムが「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の大合唱で一体となることはお預けとなりました。


 そんな「ウィ・ウィル・ロック・ユー」に飢えていた筆者に、ガツンと最上級の(というか、横浜スタジアムと比較するのがおこがましいのですが…)一体感を与えてくれたのがこの『ボヘミアン・ラプソディ』です。1970年から1985年の伝説の“ライブ・エイド”まで、フレディ・マーキュリー、そしてクイーンの15年間を描いていきます。


 高校生の頃、ベストアルバムを借りて、その1枚をひたらす聴いていた、という程度でしかクイーンに触れていなかった筆者にとっては、フレディの生い立ちからバンドの成り立ち、数々の名曲の誕生の裏側など、どれも知らないことばかりで、彼らがスターとなっていく過程は観ているだけでワクワクするものがありました。仲間と同じ方向を向いて、世の中が驚くものを生み出していく。常識とされていたものをぶち壊していくクイーンの姿はとにかく格好いいです。みな、実は大学を出ていて、研究者になれるほどのインテリというところもまたスマート。


 しかし、そんな彼らの成功物語だけが描かれるわけではありません。フレディは、自身のアイデンティティーに悩み苦しみ、荒んだ心はバンドもバラバラにしていきます。最愛の人メアリーと、つながりたいのにつながることができない葛藤。家族を作りたい、でも作ることができないフレディに、メアリーが投げかけた言葉は、救いであると同時に、2人が絶対に昔に戻ることはできない最後通告でもあり、筆者はこのあたりから涙タラタラ状態でした。


 本作のクライマックスとなる“ライブ・エイド”のシーンはとにかく圧巻です。クイーンの演奏とともに、10万人以上の観客が一体化していくさまは、筒香のサヨナラホームランを球場で見届けたとき以来の鳥肌ものでした。エイズに罹り、自身の命が残り僅かであることを悟ったフレディが最後に歌う「We Are The Champions(伝説のチャンピオン)」。現在よりはるかに差別や偏見が残っていた時代、自身も過ちを犯し、屈辱も受けたフレディが、それでも最後にすべてを乗り越えて歌い上げたこの1曲には、今を生きるすべての人を勇気付けてくれるパワーがありました。実際のクイーンの音源を使用しながら、リミックスしたという本作の音楽は特筆ものです。


 映画館で、しかもできれば、大スクリーンかつ音響のいい映画館で観るべき一作です。(リアルサウンド編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 天才というのは孤独やなぁ。IMAXで観たらあのライブに観に行ったみたいに臨場感ありまくりやたわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定