モー娘。飯窪春菜が歌う『バージョンドット』エンディング曲に反響「はるなんがとてつもなく凄い…」

5

2018年11月26日 17:52  Techinsight Japan

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「自分の中で最大限に可愛い声で」歌ったという飯窪春菜
「自分の中で最大限に可愛い声で」歌ったという飯窪春菜
モーニング娘。10期メンバーでサブリーダーの飯窪春菜(24)が、VTuberのためのオーディション番組『VER.(バージョンドット)』による『バーチャルスター爆誕! VER.受賞式〜伝説の始まり〜』でエンディングテーマを歌っている。彼女の呼びかけによりYouTube動画を視聴したファンも、イメージの違いに驚きを隠せないようだ。

飯窪春菜が『モーニング娘。’18 天気組オフィシャルブログ』で11月25日、「#必読ブログ #VR #Vチューバー #バージョンドット 飯窪春菜」と題して「皆さんに驚きのお知らせです!!!! いま放送中の『バーチャルスター爆誕! VER.受賞式〜伝説の始まり〜』、通称バージョンドット、いますぐ見てください!」とアピールした。

VTuberとは「バーチャルYouTuber」のことで、HIKAKINやはじめしゃちょーなどのYouTuberは実際に本人が登場するのに対し、CGによるキャラクター(アバター)を使ってバーチャルに行う。

大の漫画好きで知られる飯窪春菜だけに「私YouTuberはあまり詳しくないのですが、Vチューバーはよく観てるんですよ」というから、この番組のファンだと分かりオファーがあったのだろう。「井上裕治さんが私の歌声を聴いたイメージで作ってくださったありがたい一曲なのでぜひ聴いてくださいね」という。

エンディングテーマのクレジットには「♪??? / 飯窪春菜・万丈トド」「プロデュース:HIKKY 作曲:井上裕治 作詞:鈴木南名子」とある。曲名は『???』として、VR法人「HIKKY」はメディアアーティストの坪倉輝明氏やVTuberの魔王ヘルネス、動く城のフィオなどのメンバーで立ち上げたものだ。

飯窪春菜は「VRについて歌った可愛い歌です バーチャルドット応援団員の万丈トドちゃんと一緒に歌わせてもらっちゃいました!」「今まで出したことのないような自分の中で最大限に可愛い声で! メインパートはもちろんハモりやセリフまで! たくさん歌っています」と力を込めるが、実際に聴いてみると敢えて強調したくなるのも無理はない。

クレジットになければ、モー娘。メンバーでさえ飯窪が歌っていると気づかないのではないだろうか。YouTubeで視聴したファンからも「ほんとにはるなんだ…え、可愛過ぎないか…?」「はるなんどこから声出してるのw これは…ありですね」「はるなんがとてつもなく凄いということが分かりました」と反響を呼んでいる。

飯窪春菜は12月16日に日本武道館で行われる『モーニング娘。’18コンサートツアー秋〜GET SET, GO!〜 飯窪春菜卒業スペシャル』をもってグループから卒業するが、芸能活動は続ける予定だ。今回の『バージョンドット』をきっかけに仕事の幅が広がるかもしれない。

ちなみにこの『バーチャルスター爆誕! VER.受賞式〜伝説の始まり〜』は、エンディングテーマの途中から「VER.応援団体員名簿」がエンドロールに流れ出す。『???』の曲が終っても壮大なサウンドとともにフィナーレに突入するので最後まで目が離せない。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)
    ニュース設定