ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 笑福亭鶴瓶、加山雄三と意外な接点が!“雄鶴コンビ”結成でぶっつけ本番旅

笑福亭鶴瓶、加山雄三と意外な接点が!“雄鶴コンビ”結成でぶっつけ本番旅

1

2018年12月09日 06:12  テレビドガッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

笑福亭鶴瓶とゲストが、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合、毎週月曜19:30〜)。12月10日は、番組初登場となる“永遠の若大将”加山雄三をゲストに迎えて、「永遠の若大将!加山雄三と埼玉県東秩父村ぶっつけ本番旅」を放送する。

実は、鶴瓶と加山には意外な接点が。鶴瓶が大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)で演じる岩倉具視は加山の高祖父(ひいひいおじいさん)にあたり、鶴瓶にとって加山は子どもの頃から憧れの存在だという。今回、2人は雄鶴(ゆうづる)コンビを結成し、村を巡ることに。

早速2人は、民家に招き入れられ、そこで地元名産の和紙に感激した加山は、思わず筆をふるう。そこから2人は別れて一人旅を行うのだが、鶴瓶との2人旅に味をしめた加山は、なかなか別れたがらない。しかし、いよいよ鶴瓶と別れることになった加山は、人生初のある体験をする。さらに訪問した民家には、ピアノがあり……。

一方の鶴瓶は、隣の小川町を訪問。そこで、ミラクルな出会いが連続する。偶然チラシを配りに来た「落語家」、そして偶然引っ越しの荷物整理をしていた「音楽評論家」など、不思議なご縁に引き寄せられる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定