ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > カバー曲と聞いて驚く有名曲

実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキング

33

2018年12月13日 07:33  gooランキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

gooランキング

写真実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキング
実は「カバー曲」と聞いて驚く有名曲ランキング
誰もが口ずさむことができる人気曲の中には、当たり前のようにその人の曲だと思われているけれど「実はカバー曲」というものも少なくありません。
そこで今回は、実はカバー曲と聞いて驚く有名曲について探ってみました。

1位 U.S.A.(DA PUMP)
2位 青いイナズマ(SMAP)
3位 千の風になって(秋川雅史)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『U.S.A.』!

今年大ブレイクしたDA PUMPの『U.S.A.』。アップテンポの曲調と一度見たら忘れないダンスが人気を集め、まねして踊る人が多発。U.S.A.ブームを巻き起こしました。DA PUMPのオリジナル曲だと思っている人が多いようですが、実はカバー曲。
原曲はジョー・イエローの『USA』。大まかなメロディーラインは同じですが、原曲の歌詞は全く異なり、男女の恋愛を語ったもの。
今年を代表する大ヒット曲だけに、カバーだと知らなかった人が多数。1位となりました。

2位は『青いイナズマ』!

SMAPの人気曲の一つ『青いイナズマ』。アップテンポでかっこいい曲調は、コンサートで盛り上がる一曲でした。そんな『青いイナズマ』も実はカバー曲。
元は1994年に発売された林田健司のシングル曲。林田健司はジャニーズグループに多数楽曲提供していたこともあり、SMAPがカバーすることになったようです。この曲はSMAPとして当時最高の売り上げを記録しました。

3位は『千の風になって』!

2006年の第57回NHK紅白歌合戦に出場した秋川雅史が歌ったことで広く知れ渡った『千の風になって』。実はこの曲、作詞作曲家・新井満が、アメリカで話題になった詩『Do not stand at my grave and weep』を日本語に訳し、それに曲をつけたものが原曲だそう。
秋川雅史の他にもカバーしている人が多数存在しますが、紅白での印象が強く、秋川雅史の曲だと思っていた人が多いようです。

このように、一大ブームにもなったヒット曲が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位〜48位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの曲が実はカバー曲だと聞いて驚きましたか?

写真:タレントデータバンク
(DA PUMP|ミュージシャン)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2018年11月27日〜2018年11月27日

このニュースに関するつぶやき

  • また逢う日まで、もカバーだったんだ。
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 後、「さとうきび畑」も森山良子バージョンが有名ですが、元々はちあきなおみが歌ってました。
    • イイネ!30
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ニュース設定