ホーム > mixiニュース > トレンド > 職人の本気、本格的「魔導書」

重さ約2キロ! 中二病ゴコロをくすぐる本格的な「魔導書」が完全数量限定で発売へ

280

2018年12月16日 14:52  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「魔導書 月読時計」
「魔導書 月読時計」

 職人の本気により製造された、重さ約2キロの本格的な魔導書「月読時計」が数量限定で販売されることが決定しました。所持するだけで魔力を上げてくれそうな美しすぎる表紙よ。



【その他の画像】



 箔押し職人が手作業によって一冊一冊施したレリーフは、見ていて吸い込まれそうなほど重厚な雰囲気があり、魔法陣のような模様が大人の中二病ゴコロを刺激します。そして本格的なドイツ装で製本され、さらに本文500枚(白紙)という厚さ。まさにただの“書”ではない、これがホンモノの“魔導の書”ってやつなのか……!



 Twitterで大きな反響を呼んだマスキングテープ「ナスカの電子回路」を生み出した、箔押し印刷工房・コスモテックによる製品。今回は新製品開発のための加工実験で製作された束見本が話題になり、販売を希望する声が寄せられたため発売が決定しました。



 限定250冊という完全数量限定で2019年1月1日より「コスモテック サンプル直売所」にて注文を受け付けます。価格は一冊+α(おまけ付き)で2万円(税込)。公式Facebookで公開されている紹介動画では、光の当たり具合によって表情が変わる魔導書の美しさをスライドビューで見ることができますよ。


このニュースに関するつぶやき

  • 2キロもあるのか…そりゃ学者が武器にするわけだ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 白紙?ああすまん。お前達にはそう見えるのだったな
    • イイネ!132
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(174件)

あなたにおすすめ

ニュース設定