ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 岡山天音、本田翼に「本物だ…!」 初共演で緊張

岡山天音、本田翼に「本物だ…!」 初共演で緊張

0

2018年12月28日 07:31  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真岡山天音(左)と本田翼
岡山天音(左)と本田翼

 MBS/TBSドラマイズム「ゆうべはお楽しみでしたね」の制作発表が26日、東京都内で行われ、W主演する本田翼と岡山天音、出演者の宮野真守、芦名星、筧美和子が登場した。

 オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」で知り合った男女の物語が原作。ゲーム内で女子キャラクターに扮(ふん)して過ごしていたオタク男子・たくみ(岡山)が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをルームシェアに誘うが、ゴローの正体はイメージとは正反対のギャル系女子・みやこ(本田)だった…というストーリー。

 本田と初共演した岡山は、「『本田翼だ』『本物だ!』と思って勝手に緊張していました。そんな僕に、本田さんがひたすら話し掛けてくれて…」と現場の様子を明かした。本田は「セラピストのように『岡山くんは、何をするのが好きなんですか〜?』みたいな感じで、ゆっくりゆっくり」とにっこり。岡山は「リハビリをしてもらったおかげで、少しずつおしゃべりできるようになりました」と本田に改めて感謝の気持ちを伝えていた。

 一方、たくみのバイト先・アニメイトの名物店長・大仁田を演じた宮野は、10年ぶりのテレビドラマ出演。当初は緊張していたそうだが、「ファーストシーンを撮った時に、近くで見る天音くんの顔がとてもかわいらしくて、それに(心が)ほぐされました」。現場ではアドリブも連発し、撮影を通じて岡山とはすっかり仲良くなったという。

 しかし、宮野の撮影は数日で終了。宮野のクランクアップ後、岡山は究極の“まもロス”に陥ったといい、「現場の僕は『まもさん、今ごろ何してるかな…?』が口癖でした。家に帰ってからも、ユーチューブでまもさんの動画を見たり楽曲を聞いたりしていました」と、宮野への深い愛を語り、会場の笑いを誘った。

 ドラマは2019年1月からMBS/TBSで放送。


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定