ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 鈴木拡樹、撮影用のドローンを弓で射抜く 『映画刀剣乱舞』レッドカーペットにキャストが集結

鈴木拡樹、撮影用のドローンを弓で射抜く 『映画刀剣乱舞』レッドカーペットにキャストが集結

0

2018年12月28日 13:01  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真荒牧慶彦(左)と鈴木拡樹
荒牧慶彦(左)と鈴木拡樹

 『映画刀剣乱舞』完成披露上映会が27日、東京都内で行われ、出演者の鈴木拡樹、荒牧慶彦、和田雅成ほかが登場した。

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦うゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」。数多くのメディアミックスを成功させ、今年の紅白歌合戦にミュージカル『刀剣乱舞』の出演も決定した大人気コンテンツの初の実写化。

 この日は、キャスト陣が、演じるキャラクターを意識したタキシード姿で登場した。

 三日月宗近役の鈴木は「舞台版のキャストも何人かそのまま映画に出られたことに驚きました。それによって舞台でやってきたことも映画に反映させられたらと感じていました」と撮影を振り返った。

 山姥切国広役の荒牧は「準備段階からキャスト同士で意思疎通が取れていたので、その点は良かったです。休憩中も和気あいあいで、カードゲームで盛り上がり過ぎてスタッフさんに怒られてしまいました」と裏話を披露した。

 また、へし切長谷部役の和田が「撮影中に拡樹さんがお菓子を配っていた」と明かすと、鈴木は「自分で『お菓子配るおじさん』と言って、隙あらばお菓子を配ってやろうと思っていました」とコメントし、笑いを誘った。

 最後に、鈴木は「『刀剣乱舞』という世界を知らない方にも、この作品から楽しんでいただきたいです」と呼び掛け、続けて「最後のシーンで、撮影用のドローンを弓で射抜いてしまい、大ヒットしました。そんな大ヒットの願掛けがあったので、大ヒットしてもらいたいです」と笑顔で締めくくった。

 映画は2019年1月18日から全国ロードショー。


『映画刀剣乱舞』出演者と耶雲哉治監督(右端)

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定