ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 【特集】「西郷どん」インタビュー アクセスランキングベスト10 個性派とレギュラー陣がバランスよく人気に。

【特集】「西郷どん」インタビュー アクセスランキングベスト10 個性派とレギュラー陣がバランスよく人気に。

0

2018年12月30日 18:11  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真市来琴を演じた桜庭ななみ
市来琴を演じた桜庭ななみ

 12月16日に全47回の放送を終えたNHKの大河ドラマ「西郷どん」。当サイトでは1年にわたって出演者のインタビューを掲載してきたが、その総決算として、各記事のPVベスト10を集計してみた。これを参考に、西郷隆盛の激動の生涯を描いた物語を振り返っていただければ幸いである。




1.「鈴木(亮平)さんが本当の兄妹のような雰囲気を作ってくれたので、毎日楽しかったです」桜庭ななみ(市来琴)
 西郷隆盛を最も近い距離で見守り、時には苦言を呈するなど、家族という立場でその生涯を支えた妹・琴。演じた桜庭ななみがクランクアップ直後、1年にわたる撮影を振り返ってくれた。

2.「篤姫役の北川景子さんがとてもかれんなので、張り切って演じています(笑)」幾島(南野陽子)
 「控え〜よ!」の決めぜりふも印象的だった南野陽子。「武田信玄」(88)以来の大河ドラマ出演ながら、その間に積み上げた経験を生かして、見事な存在感を示した。

3.「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)
 西郷隆盛や大久保利通ら、幼なじみの仲間に大きな衝撃を与えた「寺田屋騒動」。その当事者となった有馬新七役に込めた深い思いを語ってくれた。

4.「西郷さんと月照は、夫婦のような関係だったのかもしれません」尾上菊之助(月照)
 西郷隆盛の人生において、最初の島流しのきっかけとなった入水事件。このとき、共に入水した月照を、歌舞伎役者らしいしなやかさで優雅に演じてくれた。

5.「僕の先祖も、西郷さんと一緒に西南戦争に従軍しました」田上晃吉(中原尚雄)
 1年にわたるドラマを、「薩摩ことば指導」として迫田孝也と共に支えた田上晃吉。念願かなっての出演となった第45回に合わせ、作品に対する熱い思いを聞いた。

6.「島での幸せな生活と過酷な体験は、皆さんが知る“西郷隆盛”に変わっていくために必要な期間」鈴木亮平(西郷吉之助)2回目
 西郷隆盛の人生において、大きな転機となった二度の島流し。島編に臨むに当たり、島での撮影や西郷の二番目の妻・愛加那を演じた二階堂ふみの印象などを語ってくれた。

7.「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)
 西郷隆盛の幼なじみの中でも、特に彼を慕い、西南戦争まで行動を共にしたのが村田新八。演じた堀井新太が最終回直前、この1年を振り返ってくれた。

8.「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)
 お笑いコンビ“スピードワゴン”として人気の井戸田潤だが、桂久武役の落ち着いた佇まいに、彼の新たな一面を知った視聴者も多いはず。今後の俳優としての活躍に期待。

9.「山県有朋は、西郷と大久保の間で揺れ動いていたに違いありません」村上新悟(山県有朋)
 すっかり大河ドラマの常連俳優となった村上新悟。明治編で登場した山県有朋について、役作りの裏話をじっくり語ってくれた。

10.「島での撮影は、寒い中、みんなで頑張りました」柄本明(龍佐民)
 南の島なので、一見暖かそうに思える島編の撮影だが、時期が真冬だったので、想像以上に寒かった模様。そんな撮影の思い出を、ベテランらしい味わい深い言葉で語ってくれた。

 以上がアクセスランキングベスト10の結果となる。限られた出演場面で個性を発揮した人物と、1年を通じて活躍したレギュラーの登場人物がバランスよく注目を集めた印象だ。取材を通して強く感じたのは、主演の鈴木亮平を中心とした俳優陣のチームワークの良さだが、その雰囲気は記事中からも伝わるのではないだろうか。また、この現場で多くを学んだと語る人も多く、改めて読み直してみると、大河ドラマが俳優にとってどれほど大きなものかが分かるはず。出演者たちの今後の活躍が楽しみだ。(井上健一)


「西郷どん」最終回から

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定