ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 乾燥リップにグロスはNG!皮むけしにくくなる「唇ケア」

乾燥リップにグロスはNG!皮むけしにくくなる「唇ケア」

2

2019年01月08日 19:31  つやプラ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

唇の皮がむけてくると、気になりますよね。ガサガサ唇は「手入れしていない感」がでてしまいます。

美容家やコスメコンシェルジュのプロとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、つやつや唇に導くケアをご紹介します。

■唇の皮がむけた時に行うべきケア

唇の皮がむけてしまった時は、まず”保湿”することが大切です。

唇は顔のなかでも皮膚が薄く、皮脂線がないので、すぐに乾燥してしまうデリケートなパーツです。そのため、水分だけではなく、油分系をしっかりつける必要があります。

■唇の皮がむけてしまった時にやりがちなNG行動3つ

(1)グロスでごまかす

皮がむけたのをごまかすために、「とりあえずグロスを塗る」という方もいると思います。

しかし、荒れている唇にグロスをつけると敏感な唇に負担がかかり、慢性的な乾燥唇になる場合もあります。

(2)皮を無理矢理はがす

皮がむけているのが気になってはがしてしまう方もいますが、これはNGです。

無理矢理に皮をはがすと、刺激が強すぎて出血したり、治りが遅くなります。皮はターンオーバーで自然ときれいになるものです。はがす行為はやめましょう。

(3)唇を舐める

舐めた直後は唇がきれいに見えるかもしれませんが、舐めると余計に唇の水分が蒸発してしまうので気をつけましょう。

■皮むけしにくくなる唇ケア

普段、こまめに保湿系のリップクリームを使いつつ、皮むけしやすい方は使っている口紅にも気をつけましょう。

特に、ティントタイプや色持ちのいい口紅は刺激が強いので、唇に負担がかかります。唇が荒れている時だけでも使用を控えましょう。

寝る時の「リップクリーム+マスク」もおすすめ

寝る時に、「リップクリーム+マスク」をすることもおすすめです。マスクをすることで、布団と唇がこすれなくなり、唇の保温にもなってリップクリームの浸透を高めてくれます。

唇の皮むけは、季節関係なく、誰にでも起こりうる問題です。特にこの時期は乾燥が激しい季節ですので、NG行動を控えてしっかりケアをしてあげましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定