ホーム > mixiニュース > 社会 > G20まで半年、大渋滞の懸念

大渋滞懸念、回避の策は=地震教訓、交通量5割減必要−G20まで半年・大阪府警

112

2019年01月13日 07:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真大阪府警のG20開催中の渋滞予想資料(府警提供)
大阪府警のG20開催中の渋滞予想資料(府警提供)
 大阪市で今年6月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議まで半年を切った。保養地で開かれた伊勢志摩サミットや洞爺湖サミットと違い、大都市での開催。参加国も大幅に増え、各国首脳らの移動に伴う交通規制で大規模な渋滞が予想される。大阪府警は昨年6月の大阪北部地震の際の交通まひを教訓に、混乱回避に向け期間中の中心部の交通量を50%削減することを目標に対策を進めている。

 G20は6月28、29の両日に開催。府警は前後を含む4日間、空港と宿泊先、会議場を結ぶ高速や幹線道路の交通規制を想定している。参加予定の国、機関は計37に上り、断続的に規制と解除を繰り返すことは難しいため、主要経路はほぼ終日、一般車両は通行できなくなるとみられる。

 大阪北部地震では高速道路が止まり、一般道で平時の最大7倍もの渋滞が発生。府警がその際のデータを参考に試算したところ、G20中の市内の交通量を5割削減しないと、高速からの流入車両で同規模の渋滞発生が懸念される。

 このため、府警は経済団体などを通じ、運送や流通など約5万数千社に、期間中トラックや営業車両の使用を抑えたり、ルートや時間帯を再検討したりするよう要請した。ただ、休校を決めた自動車教習所などはあるものの、多くは業務への影響を懸念し、慎重姿勢という。 

大阪北部地震発生当日の府警交通管制センターのモニター。府内の主要交差点で最大平常時の7倍の渋滞が発生した(大阪府警提供)
大阪北部地震発生当日の府警交通管制センターのモニター。府内の主要交差点で最大平常時の7倍の渋滞が発生した(大阪府警提供)

このニュースに関するつぶやき

  • マジレス、連投ゴメンやけど。少なくとも「外交辞令」「外交のプロトコル」ぐらい知っとかな「恥」やで(/-\*)
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • アホだね。関空からヘリで移動させろよ。
    • イイネ!33
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(66件)

あなたにおすすめ

ニュース設定