ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 花田優一が靴の“納期遅れ”について弁明! さらに炎上する事態に!?

花田優一が靴の“納期遅れ”について弁明! さらに炎上する事態に!?

3

2019年01月21日 22:23  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真花田優一 公式インスタグラム(@yuichihanada_shoe)より
花田優一 公式インスタグラム(@yuichihanada_shoe)より

 1月20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、“靴職人”の花田優一が出演。一部メディアで報じられている靴の“納期遅れ”について弁解したが、より火に油を注ぐ形となってしまった。

 例えば昨年「日刊ゲンダイDIGITAL」では、「貴乃花夫婦に亀裂を入れた『靴職人』長男の呆れた素行不良」という記事を配信。これによると花田は前金で注文を受けているのだが、納期になっても“デザイン画”だけが送られてくるケースもあるという。また催促の電話やメールを送っても、連絡がつかないことがしばしば。客からのクレームが相次ぎ、返金騒動にも発展しているそうだ。

 番組では司会の東野幸治が、「靴ってオーダーしたら、1〜2カ月で届くイメージ」「もっと時間かかんのやろ?」と質問。これに花田は、「報道されている方とか、世界中の有名なブランドのオーダーシューズとかを調べていただきたい」「怒ってます」と憤慨した。

 彼曰く、有名ブランドのオーダーシューズは“2年”ほど待たないと靴が完成しないらしい。その後も花田は、「手作りのものって時間がかかるんですよ」「今自分が履いている靴も、縫い目を1個ずつ手で縫うわけですよ。平面のものを立体にするのって時間がかかるんです」と説明している。

「花田は『オーダーシューズは時間がかかる』と語っていますが、世間で問題視されているのは“納期遅れ”についてでした。そのため視聴者からは、『時間かかるんだったら最初からその時間を見こして納期を伝えるものでは?』『なんの弁解にもなってない』『時間がかかるのはわかるが遅れるのはダメでしょ』『“いつできるかわかりません”はプロとして失格』といった意見が。的外れな弁解で、余計に人々の感情を逆なでしてしまったようです」(芸能ライター)

 花田が“納期遅れ報道”に言及したのは今回だけではない。昨年末に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でも、一連の報道について反論していた。

「花田は『報道の中には事実と違ってる部分もある』と語り、採寸から納品まで全て自分の手でやっているから時間がかかると説明。また靴を作るペースについては、『2週間に1足』と答えていました。しかし『行列のできる法律相談所』での弁明を聞くと、“2週間に1足”でコンスタントに作れているとは思えません。彼には“本当の納期”をしっかり伝えてもらいたいところなのですが……」(同)

 すっかり炎上タレントの仲間入りを果たしてしまった花田。彼の靴が注文した人へ無事届くことを祈るばかりだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 2週間に一足作れるなら、2年待っても靴ができてないお客はどうなってるの。
    • イイネ!11
    • コメント 1件
  • 2週間に一足作れるなら、2年待っても靴ができてないお客はどうなってるの。
    • イイネ!11
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定