ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > はじこい 3話から満足度急上昇

『はじこい』第3話から満足度急上昇 深キョンとイケメン3人の恋愛模様に胸キュン女性続出

40

2019年02月12日 07:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真TBS火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
TBS火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(C)TBS
 今期の連続ドラマが続々と中盤に差し掛かろうというなか、オリコンのドラマ満足度調査「ドラマバリュー」では、いまひとつ飛び抜けて評価を上げる作品が少ない。そんななか、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)が、初回、第2話がともに54Pt(100Pt満点)とまずますのスタートだったところ、第3話で一気に73Ptまで急上昇した。各期、話題になるヒット作は中盤から後半にかけてポイントを伸ばしてくるが、本作はまさにそんな兆しを見せ始めた。

【グラフ】『はじこい』項目別ドラマバリュー満足度ポイント

■男性3人の距離の変化から女性視聴者の熱量が一気にアップ

 本作は少女漫画誌『Cookie』(集英社)で連載中の同名コミックを実写化。深田演じる主人公・春見順子は、かつて東京大学受験に失敗し、その後の人生を惰性で生きてきた「未婚、独身、シングル、フリー」のアラサー女性。婚活に破れ、予備校講師の仕事もイマイチうまくいかない。そんな人生しくじりまくってきた彼女の前に、タイプの異なる3人の男性が現れるラブコメディ。順子に想いを寄せる3人を永山絢斗、横浜流星、中村倫也と、実力も話題性も十分なイケメン3人が演じている。

 放送開始直後から、深田のかわいらしさが話題になり、「許せるぶりっ子」など女性からの好感の声が多く上がっていたが、第3話に入り、男性3人との関係性に変化の兆しが訪れると、視聴者の声に熱がこもってきた。中村演じる順子の元ヤン同級生で現在は高校教師の山下一真が、順子と2人きりで会って距離を近づけると、永山演じるエリート商社マン・八雲雅志は順子にうまく自分の気持ちを伝えられないことにモヤモヤする。そして、横浜演じる順子の塾の生徒で髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平は、講師と生徒という関係を超えた順子への自身の想いに気づく。

 大人の魅力を放つ男2人と、年下の冷めた高校生。順子を巡る3人が動き出し、それぞれの距離が近づくとともに、胸キュンシーンが増えたことで女性層の関心が一気に高まったようだ。

■キャラクターと俳優陣のイメージがピッタリとマッチ

 ドラマバリュー調査では、「深キョンが可愛すぎて観てたけど、いろいろな人との恋にキュンキュンしてきた」(20代女性/千葉)「深田恭子さんと横浜流星くんの先生と生徒の関係に憧れながら、中村倫也さんの話し方や目線に心を鷲掴みにされる」(30代女性/滋賀)「胸キュンがすごい。深キョンのすっとぼけた話し方や、恋に鈍感なところが好き」(20代女性/東京)「横浜流星の嫉妬している感じや表情がとても良かった」(女性10代/栃木)「山下先生がカッコよすぎて好きです。でも由利くんと順子がくっつくことを願ってます…って思うくらいのめり込んで観てます」(女性10代/千葉)といった女性からの多くの声が集まっている。

 恋愛ドラマは誰もが憧れや願望とともに、主人公や周囲の相手役に自身を投影して楽しむもの。応援しながらドキドキして、キュンとさせられるのがそのおもしろさだろう。3人の想いとそれに気づかない順子の振る舞いへのやるせなさや苛立ちさえも、登場人物に感情を動かされることを多くの視聴者が楽しみ始めている。

 中盤からは、回が進むに連れて、3人の恋愛模様にさらに変化が訪れる。物語とそれぞれのキャラクターを演じる俳優陣のイメージがピッタリとマッチしてきていることから、感情移入して魅了される視聴者は増えていきそうだ。この先、大きく盛り上がっていきそうな気配を漂わせている。

このニュースに関するつぶやき

  • この先生のあまりの鈍感っぷりに…『そこまでわからないひとっているのか!?』とツッコまざるを得ない…。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 私を含めた職場の男性25人中18人が、深キョンにマジ恋をしている。
    • イイネ!16
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ニュース設定