ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 痩せやすい身体に!柔軟性を高める「骨盤まわりストレッチ」

痩せやすい身体に!柔軟性を高める「骨盤まわりストレッチ」

3

2019年02月13日 19:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

寒さが厳しいと、身体を丸める姿勢をとりがちですよね。また、身体を動かすことも億劫になることが多いでしょう。

身体を丸める姿勢を常にしていると、そのポジションが日常化して、関節や筋肉の柔軟性が低下してしまいます。そうなると、エクササイズをした時に正しいフォームで行うことができず、思ったような効果を得ることができません。

まずは、骨盤周辺の筋肉を柔らかくすることが必要です。日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、骨盤周りの柔軟性を高めるストレッチをご紹介します。

■柔軟性チェック

まず、以下のなかで自分にあてはまるものがないかどうか、チェックしてみましょう。

□背中で、上下から握手ができない □肩こりがある □腰痛がある □運動習慣がない □立位体前屈をする時に、ひざが曲がってしまう □両足裏をつけて座ることができない □姿勢が悪く、猫背が習慣になっている

あてはまる項目が多いほど、身体が固いことを示しています。

柔軟性があると、ダイナミックな動きができるので、全身の巡りが良くなります。脂肪燃焼効果も高まり筋肉量もアップするので、ダイエット効果が期待できます。

柔軟性を高めるには、全身の大きな関節をほぐすストレッチがおすすめです。

■「骨盤」は全身の関節をほぐすカギ

骨盤は、上半身と下半身の中心に位置します。「仙骨(せんこつ)」「寛骨(かんこつ)」「尾骨(びこつ)」の3つの骨で構成されており、上半身の背骨、肩甲骨、下半身の股関節といった大きな関節と連動して動きます。

したがって、骨盤周辺の筋肉を正しく動かしてほぐせば、全身の関節も同時にほぐすことができます。そこで、おすすめしたいのが、骨盤を前後に動かして全身の柔軟性を高めるストレッチです。

■全身の柔軟性を高める骨盤ストレッチ

足を腰幅に開いてひざを軽く曲げ、手の甲を合わせるように腕を床と平行に伸ばします。おへそを覗き込むようにして、身体を丸めます。この時、できるだけ骨盤を後ろに倒して背骨を丸めましょう

(1)足を腰幅に開いてひざを軽く曲げ、手の甲を合わせるように腕を床と平行に伸ばします。おへそを覗き込むようにして、身体を丸めます。この時、できるだけ骨盤を後ろに倒して背骨を丸めましょう。

ひざと背筋を伸ばし、腕を引きます。この時、骨盤を前に倒して肘を真後ろに引き、肩甲骨が引き寄せられている事を意識しましょう

(2)ひざと背筋を伸ばし、腕を引きます。この時、骨盤を前に倒して肘を真後ろに引き、肩甲骨が引き寄せられている事を意識しましょう。

(3)(1)と(2)の動作を20回行います。

ご紹介したストレッチは、3つのポイント「骨盤を前後に傾ける」「上半身は肩甲骨を動かす」「下半身はひざで伸縮をする」を意識して行ってください。

骨盤の動きを軸に全身の柔軟性を高め、巡り良く痩せやすい身体をつくりましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 胸郭を開くってのが大事…ヾ(* ̄▽)・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定