ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 元欅坂46の今泉佑唯、本格女優デビュー 「変わった姿を絶対に見せたい」

元欅坂46の今泉佑唯、本格女優デビュー 「変わった姿を絶対に見せたい」

1

2019年02月14日 17:01  エンタメOVO

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真(左から)今泉佑唯、味方良介、石田明、佐藤友祐
(左から)今泉佑唯、味方良介、石田明、佐藤友祐

 舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」制作発表が14日、東京都内で行われ、出演者の味方良介、石田明(NON STYLE)、今泉佑唯、佐藤友祐、演出を手掛ける岡村俊一氏が出席した。

 本舞台は、つかこうへいの代表作「熱海殺人事件」の46年目公演。木村伝兵衛刑事役を3年連続となる味方が演じ、捨て身の潜入捜査を行う水野朋子警官を、2018年に欅坂46を卒業後、今作が本格的な女優デビューとなる今泉が演じる。

 味方は「新たなキャストを迎え、全く新しい『熱海殺人事件』を作っていきたい」と意気込みのコメント。今泉も「初めての舞台なのですごく緊張するのですが、皆さんと一緒にすてきな作品をお届けしたい」とアピールした。

 岡村氏は今泉について、「今はヘナヘナしていますが、少女の初々しさ、ものを知らない強さがある。自分から出すエネルギーはまだこれからだけど、(芝居を)受け止めるエネルギー、リアクションは相当すごい」と絶賛。今泉も「今はヘニョヘニョしていますが、皆さんに変わった姿を絶対に見せたい。精いっぱい尽力してまいります」と稽古での成長を誓った。

 また犯人・大山金太郎を演じる佐藤も、演劇はほぼ初挑戦。「演出の岡村さんに身を捧げながらどれだけこの役を演じられるかが勝負。頑張りたい」と言葉に力を込めた。

 刑事・熊田留吉役を昨年に引き続き演じる石田は、そんな“新人2人”を優しく見守りながら「つかさんの舞台に関しては“うまく演じよう”といったプランは全く要らない。とにかくせりふに書かれている、本当に言いたいことを読み取るだけ。下手なりに大きな声でぶつかって」とアドバイスを送った。

 舞台は3月28日〜31日、大阪のCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで、4月5日〜21日、都内の紀伊國屋ホールで上演。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定