ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 堀ちえみが口腔がんを公表

堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」

1276

2019年02月19日 10:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真口腔がんを公表した堀ちえみ (C)ORICON NewS inc.
口腔がんを公表した堀ちえみ (C)ORICON NewS inc.
 タレントの堀ちえみ(52)が19日、自身のブログを更新し、口腔がん(左舌扁平上皮がん)と診断され「ステージ4」と告知されたことを公表した。きょう19日に入院し、22日に手術を行う。なお、所属事務所によると、今後の経過などはブログを通じて報告するという。

【写真】堀ちえみ、10年ぶりCA姿で美脚披露

 「ご報告させていただきます」のエントリーで堀は「最初は昨年夏頃に、舌の裏側に小さい口内炎ができました。治りが遅いので、病院で診ていただきまして、その時は塗り薬や貼り薬、ビタミン剤などを処方して貰いました。しかし11月になっても、少しも良くならず、酷くなる一方」と、経緯を説明。

 「痛みも増して辛くなり、掛かりつけの歯科医院に行き、診察を受けました。そして何度かレーザーで、焼いて貰ったりもしました。それでも治らず、そのうちに、舌の裏側だけではなく、左の側面にも、固いしこりができてしまいました」と、明かした。

 2016年にリウマチなど、2つの病気を患っている堀。その後、主治医に相談するも、「飲んでいる薬の副作用の1つに口内炎の症状が出る事もよくあるので薬を暫くストップして様子を見ましょう」と言われたといい、自身も「それまでには徐々に良くなると、信じていました」とした。

 しかし、「酷くなる一方で、しこりも増え続け、左側の舌に激痛が走り、やがて食べ物が沁み、喋るのが辛くなり、眠っていても痛みで、夜中に目が覚めてしまうように、なってしまったのです。さすがにこれは口内炎ではないと…最悪は舌癌かも知れないと…」と自身でスマートフォンなどで調べたという。

 1月21日に病院へ行き「主治医の先生の所見で、悪性の舌がんの可能性が高い」という診断を受け、2月4日の検査入院の際に「舌の生体検査の結果、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。そして左首のリンパにも、転移している事が判明。ステージ4との告知を受けました。かなり厳しい状況です」と自身の病状を説明した。

 きょう19日に入院し、22日には手術予定で「舌の半分以上を切除。首のリンパに転移した腫瘍も、同時に切除します。切除した舌には、自分の皮膚の一部を、移植します。一度の手術でこれらを、全て済ませます。口腔外科と形成外科の合同チームの手術で、12時間以上掛かると、聞いております」とした。

 最後は「なってしまった事は、いろいろ後悔しても始まらない。ただ前だけを向いて、ポジティブに生きていこうと。私は負けません。力いっぱい闘って、必ず戻って来ます。そして再びファンの皆様の前で、歌が歌えるようになりたい」と胸中を明かし「その為にも頑張って、治療に専念させていただきます。皆様にはどうか、温かく見守っていただければと思います」と呼びかけ「私は負けない!」と結んだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 亀の呪いだ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 私は医療の事は分からないけど、これだけ色々な医師が関わっていて、癌の疑いを持つ人はいなかったのかな?。口腔癌って分かりづらいものなのかな?。
    • イイネ!681
    • コメント 65件

つぶやき一覧へ(576件)

あなたにおすすめ

ニュース設定