ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > “稀代のクソドラマ”竹内結子『QUEEN』フジテレビの脚本家が「本当に言いたいこと」って?

“稀代のクソドラマ”竹内結子『QUEEN』フジテレビの脚本家が「本当に言いたいこと」って?

2

2019年02月28日 23:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真フジテレビ系『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』番組公式サイトより
フジテレビ系『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』番組公式サイトより

 YUKIちゃんのエンディングテーマはかわゆいですね。竹内結子主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)第7話で、よかったと感じたのはそこだけでした。そのほかは、相変わらず極めて不快です。

 この言葉は極力使わないようにしてきましたが、もう我慢なりません。『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、クソです。稀代のクソドラマです。

 視聴率も6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低空飛行が続きます。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

■世間というのは。

 毎回、時事ネタをモチーフにしている同作。今回はPayPayの100億円キャンペーンとコインチェック問題、それにブラック企業とマタハラだそうです。たぶんこのドラマは、電子決済と電子マネーと仮想通貨の区別がついていません。区別はついてないけど、「どうせ視聴者も理解してないだろ」「どうせブラック企業だろ」といった感じで、まあ雑に煮しめました。

 冒頭、100億円キャンペーンを張った電子マネー「Paygood」が不正利用され、その被害を若い男性弁護士が訴えるシーンから始まります。すると、同僚の弁護士である氷見さん(竹内結子)と与田ちゃん(水川あさみ)が爆笑。もう、ものすごい大爆笑。100億円キャンペーンに乗っかって電子マネーを使用するような奴はバカだし、それを不正利用されるなんて、さらに大バカだという価値観の提示です。

 続いて、その「Paygood」の開発担当だったSEの女性が紹介されます。この女性は与田ちゃんの大学の先輩だったそうですが、ドラマは、なんの躊躇もなくSEを「加害者」と呼びます。この時点で、どんな不正があったのかは明らかにされていませんが、不正に利用されたシステムを作ったSEは問答無用で「加害者なのだ」という価値観の提示です。

 これはおそらく「世間の価値観って、そういうもんだろ?」というフジテレビの視点だと思うんですが、普通に考えて、世間とはそういうものではありません。100億円キャンペーンに乗っかったからといって、金を騙し取られた人間を前に大爆笑しませんし、事情もわからず担当SEだというだけで加害者呼ばわりしたりしません。

 これは、このドラマに通底している価値観です。そして氷見さんと与田ちゃんは、徹頭徹尾「それは世間が、ゆるさない」「そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ」「いまに世間から葬られる」と言い続けています。ときに世間に歪んだ情報を流して、「許さない」方向に世間を誘導することで問題を解決してきました。

 ただ、この「世間」の認識が壊れているので、このドラマは共感を得られないし、数字も獲れないわけです。

「世間というのは、君じゃないか」と、かの太宰治先生も『人間失格』でおっしゃっていましたので、フジテレビ様がまだ読んでいなかったら、ご一読いただきたいところです。

■時事ネタに対する認識もヤバい

 さて「Paygood」の不正利用の方法ですが、なんとクレカ登録時にカード番号とセキュリティコードを無限に試せるという、ものすごいシステムが採用されていました。誰かの人名をローマ字で打って、あとは番号を総当たりすれば決済に使用できるという、まるで日本中に存在するクレカを目の前に全部並べて「好きなのを使え」と言っているようなシステムです。

 控え目に言って、視聴者を舐めるのもいい加減にしてもらいたいと感じます。これで納得させられると思っているなら冒涜です。これまでも、どこかの誰かを冒涜し、愚弄するシーンを積み重ねてきたこのドラマですが、いよいよ本格的かつ直接的にテレビの前にいる視聴者を愚弄してきたな、と逆に清々しくも感じられる迷シーンとなっていました。

 これ、マジでまったく無知で無恥な人間がWikiとまとめサイトをちょっと見ただけだろと思うけど、まあ大真面目にやってるし、最終的にはそんなシステムの「Paygood」をIR大手企業が「欲しがってて、最後は買収する」という茶番を演じました。舐めんな。

■マタハラは大丈夫だった

 今回はマタハラ、いわゆるマタニティハラスメントについても語られると予告されていたので、特にヒヤヒヤしていました。何しろマタハラについては誤った認識で語ると反応がすごいですからね。これまでの時事ネタに対する乱暴な定義づけを思い返すに、本当に心配だったのです。

 結果から言って、マタハラについての言説は問題のないものでした。というか、マタハラは起こっていませんでした。

 育休明けの女性SEが、社内の都合で経理部の仕事をしている。ここまではマタハラの匂いがしていたんですが、この女性SEは経理の仕事について「子どもを育てながらなら今の職場のほうがいいんだけど、本音を言えばSEに戻りたいなぁ」と思っています。思っているだけで、特に会社に希望を出してもいないし、希望を出していないから拒否もされていない。

 この状況をもって竹内と水川は「マタハラだ、マタハラだ」と騒いでいるわけですが、会社側には、産休明けで経理に配属した元SEのママさんが「本音を言えばSEに戻りたいなぁ」と考えていることを勝手に見抜いてSEに戻す義務はありません。こんなもんで「マタハラだ」とされてしまったら、世間の本当のマタハラ被害者の方々にも迷惑がかかるよ。ちゃんと興味を持って勉強をせず、薄い認識で時事ネタや社会問題を語ることがいかに害悪か、ちゃんと考えて作ってほしいと思います。

■セクハラは大丈夫じゃなかった

 さて、水川演じる与田ちゃんは大学時代、ゼミの教授にセクハラを受けて大学を辞めようと思っていたそうです。それを救ってくれたのが、今回登場した女性SEでした。

 どうやって救ったかというと、女性SEはセクハラ教授のPCに不正アクセスして、教授の見ていたエロ動画を学内にメールで拡散したそうです。その結果、教授は大学を辞職。与田ちゃんは無事に卒業して弁護士になったというくだりが、美談として語られました。

 これ、完全に間違ってます。

 教授が仕事中にエロ動画を見ていたなら、それは問題かもしれませんけど、だからといってその動画を学内にバラまくのは、それこそセクハラです。教授に対する悪意のあるアウティングだし、送られた側に対しても、見たくもないエロ動画を送りつけるというセクハラをしている。セクハラ加害者にセクハラをして、無関係な大学関係者にもセクハラをして、それで問題解決したような顔をしている。

 もう一度言っておきますが、セクハラ被害の対応として、完全に間違ってます。「先輩のおかげで〜」とかなんとか、ふわっと耳触りのいいことだけ言って、気持ちよくなってるだけです。間違ってるから、それ。

 その直後に当の与田ちゃんが部下の男性弁護士の話も聞かずに「さっさと電話して!」などと乱暴な指示を送る明確なパワハラシーンが出てくることも含めて、本当にクソだと感じます。

■もしかしたら脚本家の心の叫びなのかな

 今回、印象に残った水川あさみのセリフが2つありました。

「調べたって、どうせWikiとか、まとめサイトでしょ?」

「ふわっと耳触りのいいことだけ言わないで。それって言ってる自分が気持ちいいだけでしょ?」

 どちらも、あまり物語の進行に必要ないシーンでのセリフだったんです。この2つのセリフだけ、ちょっと違和感があった。

 これ、わたしがこのドラマに言いたいことそのものなんです。時事ネタや社会問題について、Wikiやまとめサイトだけじゃなく、ちゃんと調べて勉強して描いてほしいし、弁護士たちには依頼人の溜飲を下げさせて気持ちよくするだけじゃなく、問題の本質的な解決を目指してほしい。

 もしかしたら脚本家も、そう思ってるのかもしれない。本当に言いたいことを、目立たないようにシナリオの中に折り込んだのかもしれない。

 そう考えると、このドラマの制作体制に想像もつかないような闇を見る気分です。

 まあ、たぶん勘違いだと思うけど。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

このニュースに関するつぶやき

  • 最近は出演者に作品を寄せようとするからおかしくなるんじゃない?この人と、この人に合うドラマって言われても脚本家は困ると思う。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • クソドラマと言う前に、地上波は酷いの多いのでは? 結婚報道に被せてるのか、そういうのは頂けないな(>_<)
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定