ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > けやき坂46から日向坂46へ! 日向坂46、デビューカウントダウンライブを完走

けやき坂46から日向坂46へ! 日向坂46、デビューカウントダウンライブを完走

2

2019年03月07日 10:50  M-ON! MUSIC

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「日向坂46は、皆さんをいちばんに考える、応援していて絶対後悔させないグループになっていければと思います!」(佐々木久美)

【画像】けやき坂46から日向坂46への進化をドラマチックに演出

3月5日・6日、横浜アリーナにて日向坂46のデビューカウントダウンライブが行われた。
欅坂46の後輩グループ、けやき坂46(通称・ひらがなけやき)として活動して来た彼女たち。2月11日に配信された、動画配信アプリSHOWROOMでのデビューシングル及び本ライブ開催発表中に、スタッフから渡された手紙で“日向坂46”への改名を知り、歓喜するメンバー、涙を浮かべるメンバーなど、様々なメンバーがいた。

それぞれの想いを持って迎えたこのデビューカウントダウンライブには、2日間で24,000人が来場。グループがまだデビュー前だということに驚かされる数字である。

なじみのあるOvertureから「ひらがなけやき」で幕開け。けやき坂46時代から応援していたファンにとっては安心の幕開けだ。「誰よりも高く跳べ!」や「ひらがなで恋したい」など、けやき坂46定番曲で会場を盛り上げた。

ライブ中盤、2018年に発売したアルバム「走り出す瞬間」のリード曲「期待していない自分」を披露したあと、メンバーの加藤史帆が「けやき坂46最後の曲です! 私たちは皆さんに会えて、ここまで頑張って来られて本当に幸せです!」と、感謝を口にして、けやき坂46として最後の曲「ハッピーオーラ」をパフォーマンス。最後のサビでは、けやき坂46三期生として新加入した上村ひなのが登場し、けやき坂46から日向坂46へと進化して行くグループを表現するようなドラマチックな演出もあった。

最後にキャプテンの佐々木久美が「けやき坂46ラストライブ楽しんで頂けましたか? 今日でけやき坂46にはお別れを言わなくてはいけないけど、けやき坂46はこれからも私たちの心の中、皆さんの心の中にあると思います。これまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました! これからもこのことを胸に日向坂46として頑張ります! 以上、私たち! せーの! ひらがなけやき坂46です!」と全員で挨拶。

冒頭から11曲目の「ハッピーオーラ」まで、映像も交えて今までのけやき坂46が凝縮された演出に涙するファンもいた。

このカウントダウンライブは2部構成となっており、1部でけやき坂46の活動を振り返り、そして2部では日向坂46の華々しい幕開けを飾る構成に。ファンにはたまらないセットリストと演出になっていた。

けやき坂46としての活動を終え、ステージをあとにするメンバー。すると、日向坂46のあらたな幕開けにふさわしい音楽が流れ、センターステージの大LED画面で改めてメンバーが紹介され後半がスタート。

紹介が終わると大LED画面が半分に開き、「日向坂46」の電飾が現れ会場のボルテージが最高潮に。こうして、あらたな世界の扉を開いた日向坂46が最初に披露したのはデビューシングル「キュン」。ライブ当日の5日に公開されたミュージックビデオでメンバーが踊っているダンスが“キュンキュンダンス”と名付けられ、「かわいい」と早くも話題になっている。

また、このデビューカウントダウンライブを盛り上げようと、音源解禁と同時に、メンバー自ら「合いの手動画」を特設サイトに上げたところ、ファンが曲に合わせて揃った合いの手を披露。その光景に、メンバーも感動と感謝を伝え会場が一体となった。

ここからは、3月27日にリリースされるデビューシングル「キュン」の収録曲を一気に初披露。一期生・二期生それぞれの曲や加藤史帆・佐々木久美・佐々木美玲・高本彩花・小坂菜緒の雑誌専属モデルで構成されたユニット曲で、会場を大いに盛り上げた。

本編最後には日向坂46の総合プロデューサー、秋元康が、このデビューカウントダウンライブのために書き下ろした、CDにも収録されていない楽曲「日向坂」を披露。

そして会場には“日向坂46”とファンが掛け声を飛び交わし、日向坂46として初のアンコールに突入。佐々木久美は「日向坂46は皆さんをいちばんに考える、応援していて絶対後悔させないグループになっていければと思います! グループカラーは空色ということで、空は毎日の色を変えます。私たちはどんな色にも染まれるグループになれればと思います。これからも応援よろしくお願いします」と決意表明し、本日2回目となる「キュン」で会場を盛り上げ、けやき坂46時代からのライブでの定番曲「NO WAR in the future」、そして最後は「約束の卵」でデビューカウントダウンの幕を下ろした。ファンにとっては、早くも伝説のライブとなったに違いない。

日向坂46の活動はまだ始まったばかり。“一本の欅から青空が生まれる”――。3月27日のデビューは通過点に過ぎず、これからも彼女たちの活躍から目を離すことができない。

<セットリスト>
M1:ひらがなけやき
M2:誰よりも高く跳べ!
M3:僕たちは付き合っている
M4:永遠の白線
M5:それでも歩いてる
M6:おいでシャンプー
M7:イマニミテイロ
M8:ひらがなで恋したい
M9:半分の記憶
M10:期待していない自分
M11:ハッピーオーラ
M12:キュン(デビューシングル表題曲)
M13:ときめき草(デビューシングル収録曲)
M14:耳に落ちる涙(デビューシングル収録曲)
M15:沈黙が愛なら(デビューシングル収録曲)
M16:Footsteps(デビューシングル収録曲)
M17:君に話しておきたいこと
M18:抱きしめてやる
M19:JOYFUL LOVE(デビューシングル収録曲)
M20:日向坂(未発表曲)
アンコール
EN1:キュン
EN2:NO WAR in the future
EN3:約束の卵

PHOTO BY 上山陽介


リリース情報
2019.03.27 ON SALE
SINGLE「キュン」

「キュン」 MVフルバージョンはこちら
https://www.hinatazaka46.com/kyun_mv/

日向坂46 OFFIAL WEBSITE
http://www.hinatazaka46.com

    あなたにおすすめ

    ニュース設定