ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 山本裕典が2年ぶりに復帰! 休養中の思いを語る「本当に無力だった」

山本裕典が2年ぶりに復帰! 休養中の思いを語る「本当に無力だった」

0

2019年03月07日 11:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真山本裕典 撮影/高梨俊浩
山本裕典 撮影/高梨俊浩

ゼロからのスタートなので、何も失うものがないし、怖いものもありません。今は一緒に仕事をしたいと言ってくれる方たちの声に応えて、オファーをいただいた仕事に向き合っていくのみ。

 正直、不安はあまりないです。それよりも1日1日が楽しくて、充実感のほうが大きいですね

 2017年に前事務所との契約を終了。突如、表舞台から姿を消した山本裕典(31)が、約2年ぶりに帰ってきた。「何でも聞いてください」と、以前と変わらない爽やかな笑顔と受け答え。休養中、彼は何を感じ、どんなふうに過ごしてきたのか──。

どこに行っても僕は結局、
山本裕典なんだなと

「この2年間、特に後半は堕落した生活を送っていました(笑)。朝方に寝て、日が沈むくらいに起きて、それからネットで動画を見る。テレビや邦画は避けてました。見れるわけないですよ。

 嫉妬じゃないけど、もどかしい気持ちもあったんだと思います。バラエティーにも女優さんとか俳優さんが出てたらチャンネルを変えたりして、全然見れませんでした」

 その間、芸能界に復帰したいと思ったことは?

「ないと言ったらウソになります。休止してからは、いろんなこと言われたりしたし、あることないこと(週刊誌やネットに)書かれて。そんな自分でもついてきてくれるファンがいて、その声を聞くと、戻りたいと思ったり……

 でも見て見ぬふりをしていました。だって、僕が“やるぞ”ってなったところで、僕には何もできない。本当に無力だったんです」

 とはいえ、つらいことばかりではなかった。表舞台から退いたことで、これまでできなかったことも経験できたという。

「頻繁に実家にも帰って、のんびりすることができて。両親と兄弟の家族を連れて、箱根や沖縄を旅行したり。親孝行、家族孝行が少しはできたのかな。たくさん遊んだりもしたし、飲食店の経営もしたことで新しい仲間もできて、すごく楽しかったです。

 ただ、どこに行っても僕は結局、山本裕典なんだなと。この2年間、彼女もいたし、普通にデートもした。けどやっぱり僕だと気づかれる。お店に行っても寿司を食べてても何やってても(笑)。見られ方は変わらないんだなって

復帰を決めた理由

 休養中は何度も芸能界から仕事の声がかかったが、断り続けていたと山本。そんな彼がこのタイミングで復帰を決めたワケは?

「今CMに出させてもらってる会社の社長さんとはずっと親交があって。前から声はかけてもらっていたものの、お断りしていたんです。

 でも、あるとき“僕が求めてるのは、旬のキラキラしている人じゃない。泥水すすって苦しんで這い上がってくるような、お前みたいなやつが好きだ”と口説かれました。そんなこと言われたら心は揺れますよ(笑)。

 同時に、同じくずっと連絡をくださってた今回の舞台で演出を担当する柳川(由起子)さんから出演しないかと連絡をもらったんです。しかもその台本を読んだら、当て書きと思うくらい僕にぴったりこれはやるしかないなと。タイミングも運もよかった。何よりも周りの人に支えられて、ここまで来ることができました」

 復帰を喜んでくれたのは──。

昔から親父がいちばんのファンだったんです。この2年間は家族とも多くの時間を過ごしましたけど、みんな“裕典の人生だから”って何も言ってこなくて、それが逆に心苦しくて(笑)

 でも復帰が決まったとき、親父がすごくニコニコしていて。めったに感情を出さない弟も“兄ちゃんの舞台見に行きたいな”って。家族のためにも、まだまだ頑張らないと。そう思います

役者として完全復帰! 今後の目標は

 そしてこのたび舞台《となりのホールスター》で役者として完全復帰する。

「スタッフさんも共演者も本当にいい人たちばかり。コメディー要素が多くてとても面白い作品なんですが、僕が演じる男のいでたちみたいなものが、とにかく今の自分にリンクして、笑えるシーンのセリフでもグッときて泣けちゃう。芝居としてはダメなんですけどね(笑)

 まもなく始まる本番に向けて、稽古に奮闘する日々。今後の目標は?

これからは応援してくれる人たちにとって近い存在でいたいです今までできなかったトークショーとか握手会とかも大事にしていきたい。売れるためには全国回りますから!

 今やってるDJも続けていきます。飲食店も僕が今やめたら従業員、みんな死んじゃいますから。“アイツ、なんでもかんでも手を出してやめる”とは絶対思われたくない。それらも引き続きやりつつ、役者・山本裕典としても頑張っていきたい。応援してもらえたら、うれしいです」

舞台《となりのホールスター》
3月8日(金)〜17日(日)サンモールスタジオにて
 犬養(山本裕典)と幼なじみたちは、標的となる隣の物件で、偽りのレストランをオープン。地下を掘り進めて、隣の画廊から“お宝”をいただく予定だったが、レストランがまさかの大繁盛!? あの手この手で一攫千金を狙うも、予想外の展開が待ち受けていて―。

PROFILE●やまもと・ゆうすけ●第18回ジュノン・スーパーボーイ準グランプリ、’06年にデビュー。『桜蘭高校ホスト部』『山田くんと7人の魔女』ほか、映画やドラマ、舞台で活躍。2017年3月より休養期間に入ったが、舞台《となりのホールスター》にて復帰。5月公開の映画『Revive by TOKYO24』が控える

    あなたにおすすめ

    ニュース設定