ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 元AKB48竹内美宥、韓国の芸能事務所と契約 続く『PRODUCE 48』の余波

元AKB48竹内美宥、韓国の芸能事務所と契約 続く『PRODUCE 48』の余波

1

2019年03月08日 19:51  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真韓国の芸能事務所『MYSTIC Entertainment』と契約した竹内美宥(画像は『Miyu Takeuchi 2019年3月8日付Instagram「3月から韓国の事務所「MYSTIC Entertainment」にお世話になります。」』のスクリーンショット)
韓国の芸能事務所『MYSTIC Entertainment』と契約した竹内美宥(画像は『Miyu Takeuchi 2019年3月8日付Instagram「3月から韓国の事務所「MYSTIC Entertainment」にお世話になります。」』のスクリーンショット)
元AKB48の竹内美宥が3月8日、SNSで「3月から韓国の事務所『MYSTIC Entertainment』にお世話になります」と発表した。彼女は昨年放送された日韓合同のオーディション番組『PRODUCE 48』にAKB48から参加して、最終順位17位と健闘した。その後9月4日にAKB48から卒業することを発表、12月25日に卒業公演が行われている。

【この記事の動画を見る】

『PRODUCE 48』に挑戦したことで彼女のSNSには韓国ファンからのツイートが増えており、「竹内美宥ファン」の愛称「みゆキャット」(Miyucat)は韓国のファンが名付けたという。

竹内美宥は今回のツイートで「私が一番行きたかった事務所さんです 一から練習をして、良い音楽をお届けします!」と意気込んでおり、本格的な歌手としての活躍を目指しているようだ。

彼女は2014年5月16日に開設したYouTubeの公式チャンネルでこれまでに数々のカバー曲を公開しており、歌の上手さには定評がある。2月28日には韓国出身の歌手「LEE HI」のナンバー『BREATHE』を日本語バージョンで披露していた。

つい先日、3月4日にはAKB48チームBのキャプテン・高橋朱里(21)が48グループからの卒業と、韓国の芸能事務所『Woollimエンターテインメント』へ移籍して韓国デビューすることを発表したばかりである。

高橋朱里も『PRODUCE 48』に参加しており、最終順位16位で日韓合同ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)としてのデビューはならなかった。

ただ、高橋や竹内は『PRODUCE 48』によって手応えを感じたことから韓国での活動を決意したのだろう。もしかすると他のメンバーにも『PRODUCE 48』の余波が及ぶかもしれない。



画像は『Miyu Takeuchi 2019年3月8日付Instagram「3月から韓国の事務所「MYSTIC Entertainment」にお世話になります。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定