ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパーGT:Audi Team Hitotsuyamaの2019年カラーリングは“非対称”。ランバスをデザイン

スーパーGT:Audi Team Hitotsuyamaの2019年カラーリングは“非対称”。ランバスをデザイン

0

2019年03月14日 17:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年のHitotsuyama Audi R8 LMSのカラーリング。左右非対称のデザインがあしらわれた。
2019年のHitotsuyama Audi R8 LMSのカラーリング。左右非対称のデザインがあしらわれた。
 スーパーGT GT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaは3月14日、チームのホームページで、2019年のHitotsuyama Audi R8 LMSのカラーリングを発表した。今季は左右でカラーが異なる非対称のスキームを採用。非常にクールなデザインとなっている。

 Audi Team Hitotsuyamaは、2019年に向けてリチャード・ライアンと富田竜一郎のコンビに変更はないものの、新たにタイヤをヨコハマにスイッチ。また、新車のアウディR8 LMSエボを投入し、トラブルに悩まされた昨年の悔しさを払拭するシーズンに臨む。

 そんな2019年に向けて、Hitotsuyama Audi R8 LMSには新たに左右非対称のカラーリングが施された。マシン左側は、これまでもHitotsuyama Audi R8 LMSに採用されてきたナルドグレー、右側はブラックがベースカラーに。中央はホワイトがあしらわれ、さらにレッドのラインが効果的に3色を繋いでおり、アウディのコーポレートカラーをイメージさせる印象的なデザインとなった。

 また、マシンサイドには色の濃淡で、アウディスポーツのイメージを象徴する平行四辺形の“ランバス”をデザイン。データでチームを支えるグランバレイや、Hitotsuyama GmbHが扱うフリームなどのロゴが効果的に配されている。

 今季投入されるアウディR8 LMSエボとの相性も抜群で、サーキットで映える一台となりそう。2019年はクールなデザインとともに、捲土重来を目指す。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定