ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 「MOCO'Sキッチン」終了を説明

日本テレビ「MOCO'Sキッチン」終了の経緯説明 「ZIP!」大幅リニューアルへ

341

2019年03月14日 18:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真速水もこみち(C)モデルプレス
速水もこみち(C)モデルプレス
【日本テレビ改編説明会/モデルプレス=3月14日】日本テレビが14日、東京・汐留の日本テレビタワーにて4月期番組改編説明会を行い、朝の情報番組「ZIP!」(毎週月〜金曜/あさ5時50分〜8時00分)内の人気コーナー「MOCO'Sキッチン」が3月末で終了する理由を説明した。

【関連記事】日本テレビ「ナカイの窓」は3月末で終了

◆「ZIP!」リニューアルの一環

同番組は3月末で「MOCO'Sキッチン」を担当する速水もこみち、総合司会の川島海荷、金曜パーソナリティーの鈴木杏樹が卒業することがすでに発表されているが、速水が担当してきた「MOCO'Sキッチン」は番組開始から約8年続いた名物コーナーだった。

編成部長は終了の理由について「枠ではないので、編成がどうこうというところではない」と前置きしつつ「『ZIP!』といえば『MOCO'Sキッチン』というブランディングにもつなげていただいて、朝の8時手前のところでいろいろな方に多くのことをお伝えできたコーナー」と速水の功績に感謝。「昨年10月、今年4月と『ZIP!』を新たにしていくという中でコーナーとしては終了ということ」と説明した。

4月からは“15秒に1つの情報”をテーマにフルリニューアル。解説者・専属気象予報士ら新メンバーの投入、ラグビーワールドカップ・東京五輪を見据えたスポーツの強化、各曜日パーソナリティによるオリジナル企画、毎週決められた都道府県で“絶品”朝ごはんを1日1品紹介する全国キャラバン企画、全国天気リレーの展開を予定しているという。

◆日本テレビ2019年4月期改編のポイントは

日本テレビの2019年4月期の改編テーマは「より多くの人に、より良い番組を見てもらうため」の「タイムテーブルの新化と深化」。個人視聴率をベースとした「視聴率3冠」、徹底した「コアターゲット戦略」を基本に「次世代視聴者」の掘り起こしを積極的に行っていく。

改編のポイントは、『GP帯の強化』『平日ベルト番組の強化』『プラチナゾーンの再ブランド化』の3点に加え、そして最も注目すべきポイントは『ラグビーワールドカップ2019日本大会」。

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪を見据え、水曜19時に新番組「衝撃のアノ人に会ってみた!」を投入。また、「ZIP!」「news zero」といった平日ベルト番組を引き続き強化していく。

改編率は全日4.3%、プライム11.9%、ゴールデン4.4%。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • ZIP!はどっちでも、「MOCO'Sキッチン」の再放送とかもたまに観ていた。もちろん内容は、ワケワカメのオイル設定&イケメンの料理というところが見どころだったね〜♪
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 結局、なに言ってんのか全然わからない(笑)
    • イイネ!362
    • コメント 16件

つぶやき一覧へ(213件)

あなたにおすすめ

ニュース設定