ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 【レッドブル・ホンダF1密着】テストで見つけたマイナートラブルは全て修正。実力が判明する予選に向け万全の準備で臨む

【レッドブル・ホンダF1密着】テストで見つけたマイナートラブルは全て修正。実力が判明する予選に向け万全の準備で臨む

1

2019年03月14日 21:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真マックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
 レッドブル・ホンダの2019年開幕戦オーストラリアGPがスタートした。ホンダとしては2008年(ホンダレーシング、スーパーアグリ)以来となる2チーム4台体制となる。そのため、2019年からホンダはチームごとにチーフエンジニアを置くことにした。レッドブルはデビッド・ジョージが担当し、トロロッソのチーフエンジニアは副テクニカルディレクターの本橋正充が兼務する。このふたりを田辺豊治F1テクニカルディレクターが統括する形だ。

 ドライバーごとに担当するパワーユニット(PU/エンジン)パフォーマンスエンジニアとシステムエンジニアのふたりも、2倍に増えた。

 昨年トロロッソでピエール・ガスリーを担当していた湊谷圭祐エンジニアとシステムエンジニアを務めていた庄司圭輔がレッドブルで再びガスリーの担当となり、マックス・フェルスタッペンの担当には今年から新たに現場を担当するスタッフが就いた。昨年トロロッソでブレンドン・ハートレーを担当していたクリストファー・ライトとシステムエンジニアを担当していた宮本晃成がトロロッソに残り、新たにレースチームに加わった現場スタッフとともに、本橋正充の下でトロロッソの2台を担当する。

 増えたのはスタッフの数だけではない。走行によって得られるデータ量もプレシーズンテストから2倍となった。

「1チームから2チームに供給数が増え、データ量も2倍になりました」と副テクニカルディレクターの本橋は語った。

 当然、そのデータ処理をするスタッフ数も増えた。だが、それはホンダにとって、貴重なデータとなる。

「クルマによってエンジンの運転領域が違うだけでなく、ドライバーもそれぞれドライビングが違うので、それによっても得られるデータの質が変わります。いままでわれわれが気づかなかったことも多々あり、いい経験になっています」

 2チーム4台体制は、ホンダとしては大きなメリットになっている。

■F1第1戦オーストラリアGPのホンダ製パワーユニット仕様は?

 その4台にメルボルンで搭載したホンダPUはどのような仕様なのか。

「プレシーズンテストで発見されたマイナートラブルを改善した以外、パワーユニットの基本的な仕様はテストと同じです。ファクトリーのスタッフが頑張ってくれて、プレシーズンテストで発見されたマイナートラブルはすべて修正することができました」

 レッドブルに搭載されたホンダRA619Hは、2018年のパワーユニットの基本的な骨格を変えず、さらに信頼性とパワーを上げた2019年シーズンの『スペック1』だ。

 さまざまなメニューをこなしたプレシーズンテストでは、パワーユニット本来の性能はまだ100%出していなかった。したがって、今回の開幕戦オーストラリアGP予選が、スペック1の実力を試す今シーズン最初のチャンスとなる。

「そこで自分たちがどのポジションにいるかが見えてくると思います。ただ、今週末に限らず、常に勝ちたいという気持ちでレースをしています。そのために、われわれとしては自分たちができることをしっかりと行って開幕戦に臨みたいです」

 トロロッソとともにレッドブルへもパワーユニットを供給するホンダの2019年が、いよいよシーズンインする。

このニュースに関するつぶやき

  • さぁ(^_^;)明日です
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定