ホーム > mixiニュース > 社会 > 五輪の旗振る知事は誰?=小池氏、視界不良の再選戦略−東京五輪500日切る

五輪の旗振る知事は誰?=小池氏、視界不良の再選戦略−東京五輪500日切る

7

2019年03月22日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真リオ五輪閉会式で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(左)から五輪旗を受け取る東京都の小池百合子知事=2016年8月21日、ブラジル・リオデジャネイロ
リオ五輪閉会式で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(左)から五輪旗を受け取る東京都の小池百合子知事=2016年8月21日、ブラジル・リオデジャネイロ
 五輪閉会式では通例、五輪旗を4年後の開催地に手渡す引き継ぎ式があるが、2020年東京大会では、旗を振る東京都知事が決まっていない。現職の小池百合子知事は、開会式6日後の7月30日に1期目の任期が切れるためだ。再選を確実なものにしようと、小池氏周辺では戦略が練られるが、前回の知事選で激しく対立した自民党との溝は深く、不透明感も漂う。

 今年2月上旬、自民党本部に小池氏が突然現れた。面会相手は二階俊博同党幹事長。表向きは都予算案の説明だが、永田町では「知事選前倒しに関する特措法制定をお願いしているのでは」とのうわさが流れた。

 有力視されるのは、五輪を整然と行うため、知事選日程を20年7月初めから半年程度前倒しした上で、小池氏が再選した場合は、7月30日までではなく、再選時から4年間を2期目の任期とする案。しかし、都庁内では「そんな虫のいい話が許されるわけがない」と否定的な声も根強い。

 16年7月の前回知事選では、自民党が担ぐ候補者に小池氏が圧勝。翌年7月の都議選でも、小池氏が設立した地域政党「都民ファーストの会」が都議会第1党に躍り出る一方、同氏に「ブラックボックス」と批判された都議会自民党は、結党以来最低の23議席に沈んだ。

 次の知事選で再起を目指す同党は、前回都議選前に小池氏が表明した「築地は守る」などの発言と、現在の築地再開発方針との食い違いを執拗(しつよう)に追及。次の知事選には小池氏の対抗馬を擁立する方針で、五輪を意識し、鈴木大地スポーツ庁長官や同党の橋本聖子参院議員会長らの名前も挙がる。

 同党との手打ちも暗礁に乗り上げる中、小池氏が頼りとするのが公明党だ。都政では公立学校体育館でのエアコン整備など、同党が要望する政策は次々と実現。ただ、国政で自民、公明両党による与党体制が続く中、都議会公明党と小池氏との蜜月がいつまで続くか予断を許さない。

 それでも、小池氏にひるむ気配はない。2月19日には、都内のホテルで政治資金パーティーを開催。翌20日開会した都議会定例会の施政方針演説では、「ポスト五輪」に向け、年内にも新たな長期計画を作る方針を表明しており、「事実上の2期目の公約」(幹部)になるとみられている。 

このニュースに関するつぶやき

  • 「汚倫ピックー錢塗れ」はフランスで竹田恒和氏が追及捜査されるべき!「皇族だから」と見逃してよい問題ではない。それは「アスリートたちに失礼な事」と思う。でも日本もデタラメ!
    • イイネ!14
    • コメント 3件
  • 「汚倫ピックー錢塗れ」はフランスで竹田恒和氏が追及捜査されるべき!「皇族だから」と見逃してよい問題ではない。それは「アスリートたちに失礼な事」と思う。でも日本もデタラメ!
    • イイネ!14
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ニュース設定