ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 美容室で「イメージ」の伝え方

理想の髪型に!美容室での「なりたいイメージ」伝え方

132

2019年03月23日 20:40  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

ヘアサロンで、自分の「なりたいイメージ」をうまく伝えるのは意外とむずかしいですよね。

ヘアメイクや美容師として年齢に合わせた美を提案する筆者が、ヘアサロンで「なりたいイメージ」を上手に伝える方法をご紹介します。

■髪の毛の長さをどうするか

ロングの方で「バッサリ切りたい」という方もいれば、「今はショートだけれど、これから伸ばしていきたい」という方もいますよね。大事なのは「髪の長さをこれからどうしたいのか」です。

長期的に伸ばしていきたい方は、そのことを伝えると、それに合わせたカットをしてもらえますし、髪の毛のお手入れ法も教えてもらえるでしょう。

■画像を集める

「なりたいイメージ」が、全て相手に伝わらないこともありますよね。

そこでおすすめなのが、できるだけたくさん画像をもっていくことです。できれば、「正面」「横」「後ろ」の3つの画像を持っていくと、具体的なスタイルイメージが相手にも伝わりやすくなります。

正面の画像しかない場合

好きなスタイルが見つかったけれど、正面の画像しかない場合は、「横はどうしたいのか」「後ろはどうなっていてほしいのか」を自分のなかでイメージすると良いでしょう。

全く同じスタイルの画像でなくても、自分のイメージに合う別の画像が見つかれば、それも美容師さんに見せましょう。画像が多いほど、あなたの「なりたいイメージ」が伝わりやすくなります。

■「ここだけはゆずれない!」というものを明確にする

「ここだけはゆずれない」というものは、人によって違いますよね。筆者は、ヘアサロンへ行くと、「この予算でできるイメチェンをしたいです」とオーダーします。

もちろん、絶対ゆずれないもの以外は全て任せることになりますが、相手は美容のプロですので、任せられるものは任せた方が、客観的な目で見て、自分をきれいにしてくれますよ

■スタイリング方法を聞く

「髪の毛を切ってもらい、きれいにセットしてもらったら終わり」ということはありません。

せっかく「なりたいイメージ」に近づけてもらっても、美容師がやってくれたスタイリングと同じことが、自分でもできないと意味がありません。

どんなスタイリング剤を使ったらいいか」「どういうセットの仕方をしているのか」などを具体的に聞いておくと、自分でもスタイルキープができるのでおすすめです。

ヘアサロンで「なりたいイメージ」を上手に伝える方法は、意外とたくさんあります。自分に合ったものをピックアップして、ぜひサロンで活用してください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 同じ床屋なので、いつもの通り、で終わり。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 以前よく「若く見えて、痩せて見えて、怖く見えるように」って頼んでて。「抽象的でゴメン」って言ったら、美容師君に「昔”草原を駆ける少女のように“って頼まれたことあるんで大丈夫です!」って言われた
    • イイネ!39
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(77件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定