ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 松岡昌宏、伊野尾慧の“悪い癖”を暴露「売れる前の生田斗真みたい」

松岡昌宏、伊野尾慧の“悪い癖”を暴露「売れる前の生田斗真みたい」

0

2019年04月05日 12:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)ミタゾノさん(パネル)、松岡昌宏、伊野尾慧 (C)ORICON NewS inc.
(左から)ミタゾノさん(パネル)、松岡昌宏、伊野尾慧 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・TOKIO・松岡昌宏、Hey! Say! JUMP・伊野尾慧が5日、19日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:00)の記者発表に出席した。ドラマ初共演となる伊野尾について松岡は「うちの小僧あるあるなんですけど、すぐ女性の母性本能をくすぐろうとする」と“悪い癖”を暴露。「売れる前の生田斗真みたい。まだこいつ、そんなやり方してんのか。それが彼のキャラなんでしょうね。僕にはわからないんですけど」と突き放された伊野尾は、「なんでこんな恥ずかしいこと言われるんですか!」と先輩のイジりにタジタジとなった。

【写真】地上10メートルの窓掃除をしたミタゾノさん

 2016年10月期、2018年4月期と今回が1年ぶりの連ドラ第3作目。女装した大柄な家政夫・三田園薫が派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う根深い汚れまでもスッキリ落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。今回より、三田園が所属する『むすび家政婦紹介所』の所長・頼子(余貴美子)の甥・村田光(伊野尾)と新人家政婦・恩田萌(川栄李奈)が三田園と行動を共にすることになる。
 
 今回、初共演となる川栄の印象について松岡は「(せりふが)当たり前になんて聞き取りやすいんだ。間にオリジナリティーがある、川栄さん特有の間は魅力のひとつなんじゃないかな。長ぜりふもポンポン早く出てきますし、いつ覚えているんだろうなというくらい素敵な萌さん」とべた褒め。

 一方で伊野尾については「他にいなかったのかなァ。うちの事務所もまぁ他にいるだろうというのが本音ですけどね」とチクリ。慌てた伊野尾が「僕のいいところなにかでてきません?」と食い下がると「黄色が似合うなっていう…」と絞り出して「今観た印象じゃないですか」とがっくりさせていた。

 伊野尾には手厳しい松岡だったが、現場では余貴美子やパート1ぶりに帰還した平田敦子、今回新たに加わったしゅはまはるみらキャストと和気あいあいとした雰囲気のようで、「川栄さんが花見をしたことがないと言っていたので、花見をしようと夜中寒いなか、ご夫婦がやってる貸し切りの夜桜が楽しめるところで全員とスタッフさんと行きました」と報告。

 街灯一つない山の中、桜の下でバーベキューを楽しんだといい、「びっくりしたのが余さんが一番喜んでくれた」という松岡に、余は「川栄さんもお野菜運んでくれたり。たのしかった」と笑顔。川栄は「桜の下でご飯を食べる経験が人生で一度もないと話したら、絶対に撮影中に行こうとおっしゃってくださって、桜をみながらバーベキューしました。とても楽しかったです」と満喫した様子で振り返った。

 会見前には、一人ゴンドラに乗った松岡扮するミタゾノがゴンドラで上昇しながら地上10メートルの高さで、アトリウムのガラス窓の掃除をする、というサプライズも。ヘルメットとハーネスをバッチリ着用して表情一つ変えず、窓を磨いたミタゾノの仕事ぶりをステージ上から見学していた伊野尾は「(自分なら)すぐ断ります。さすがミタゾノさん」と感嘆。

 その後、通常時の格好で戻ってきた松岡は「本人と話したら最悪だって言ってました。高所恐怖症らしくて。聞いたところによると、今までイベントコンサートなど、高い所はすべて断ってきたんですけどここの宣伝担当の方に美味しいしらすのオリーブオイルをいただいちゃった手前、断れなくて。これから贈り物には気をつけようと思います」と裏話を明かしていた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定