ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ホンダ高橋巧、0.1秒差に泣く。ヤマハ中須賀がトップ守り切り2連勝/全日本ロード開幕戦レース2

ホンダ高橋巧、0.1秒差に泣く。ヤマハ中須賀がトップ守り切り2連勝/全日本ロード開幕戦レース2

0

2019年04月07日 16:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真0.1秒差でレース2を制した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
0.1秒差でレース2を制した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは4月7日、ツインリンクもてぎで第1戦の決勝レース2が行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が高橋巧(Team HRC)とのマッチレースを制し、優勝した。

 土曜日のレース1は、ドライコンディションのもと23周で争われ、中須賀が高橋巧の追撃から逃げ切り優勝。2位は高橋巧、3位は野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)という結果になった。

 レース2は、レース1と同じく23周で争われた。スターティンググリットは、予選で記録した各ライダーのセカンドベストタイムによって決まり、中須賀がポールポジションを獲得。2番手グリッドには高橋巧、3番手グリッドには野左根がつける。

 午前中に行われた20分のウォームアップ走行では、各ライダーがレース2に向けてマシンの最終チェックを実施。高橋巧が1分48秒071でトップだった。

 午前中は青空が見えていたが、午後になるにつれてサーキットには厚い雲が現れて日差しを遮り、涼しいコンディションへと変化。気温17度、路面温度26度で、14時30分の定刻通りにレースはスタートした。

 スタートでホールショットを奪ったのは高橋巧、2番手は6番手から好スタートを決めた加賀山就臣(ヨシムラスズキMOTUL)、3番手は中須賀の順で1コーナーを抜けていく。

 ポールから3番手に下がった中須賀は、4コーナーですぐに加賀山を交わし、2番手に浮上。トップの高橋巧に接近する。

 1周目を終えると高橋巧と中須賀が抜け出す。3番手の加賀山はトップの2台から徐々に離れ、3周目には後方から迫った野左根に交わされ4番手に後退する。

 野左根に交わされた加賀山は、その後ペースを上げられず、後ろを走っていた渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)、渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)にも交わされ6番手に下がった。

 加賀山を交わした4番手の渡辺一樹と5番手の渡辺一馬は、5周目に入るとバトルを展開。S字で渡辺一馬が渡辺一樹を交わし4番手に浮上する。

 トップの高橋巧と中須賀は1分48秒台のペースで周回。8周目には中須賀がS字で高橋巧を交わして先頭に立った。

 10周目に入ると、渡辺一馬と渡辺一樹の4番手争いが再び白熱。11周目には互いのスリップを使ったサイド・バイ・サイドのバトルを展開する。12周目に入った時点では渡辺一樹が渡辺一馬から4番手を奪った。

■ファイナルラップは全域でテール・トゥ・ノーズのバトル
 レース折り返しとなる13周を終えた時点でも、トップの中須賀と2番手の高橋巧は1分48秒台のペースで周回。中須賀の後方に高橋巧がぴたりとつけた状態でレースは後半戦へと入っていく。

 3番手の野左根は、トップ2台と同じく1分48秒台のペースで周回するも、追いつくことができずに単独走行となる。

 中須賀、高橋巧によるトップ争い後半戦は、1秒以内の差でこう着状態に。そのままファイナルラップへと入っていく。

 迎えたファイナルラップ。高橋巧が中須賀に急接近。S字コーナー、V字コーナー、ペアピンカーブ、90°コーナー、ビクトリーコーナーでテール・トゥ・ノーズの状態で迫るも、中須賀がこれを巧みにブロック。最後は0.113秒差で中須賀がトップを守り切って開幕戦2連勝、高橋巧は2位で終えた。

 3位は野左根、4番手争いは渡辺一樹が制し、渡辺一馬は5位。前半戦でスタートを決めた加賀山は7位でチェッカーを受けた。

 全日本ロードレース開幕戦レース2の順位結果は以下の通り。

■全日本ロードレース選手権開幕戦もてぎ
JSB1000クラス決勝レース2順位結果(23周)
Pos.No.ClassRiderTeamMotorcycleTotalTime/Delay11 中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R1(2019)41'36.963213 高橋巧Team HRCホンダCBR1000RR SP2(2018)0.11334 野左根航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R1(2018)11.567426 渡辺一樹ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L9(2019)30.040523 渡辺一馬Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR(2019)32.0356634 水野涼MuSASHi RT HARC-PRO.HondaホンダCBR1000RR SP2(2017)38.515712 加賀山就臣ヨシムラスズキMOTULスズキGSX-R1000L9(2019)38.8148090 秋吉耕佑au・テルル MotoUP RTホンダCBR1000RR SP2(2018)52.253915 Z.ザイディHonda Asia-Dream Racing with SHOWAホンダCBR1000RR SP2(2018)1'04.1671064 岩戸亮介Kawasaki Team GREENカワサキZX-10RR(2019)1'11.6731171 津田拓也TK SUZUKI BLUE MAXスズキGSX-R1000(2019)1'16.53212358h亀井雄大Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR SP2(2018)1'16.6971318 津田一磨Team Baby FaceヤマハYZF−R1(2019)1'33.97914468h星野知也TONE RT SYNCEDGE4413BMW・S1000RR(2017)1'39.72615080 羽田太河au・テルル MotoUP RTホンダCBR1000RR SP2(2018)1'41.9891638hM.アチソンKRP三陽工業&RS-ITOHカワサキZX-10RR(2018)1'44.4311744 関口太郎Team ATJホンダCBR1000RR SP2(2017)1'44.8441836 今野由寛Moto Map SUPPLYスズキGSX-R1000R(2019)1 Lap19878h柳川明will-raise racingRS-ITOHカワサキZX-10RR(2019)1 Lap20858h中冨伸一HiTMAN RC甲子園ヤマハヤマハYZF-R1(2019)1 Lap21278h柴田義将NIPPON SUMATRA BIO MASSE+D3ヤマハYZF-R1(2015)1 Lap22308h須貝義行チームスガイレーシングジャパンアプリリアRSV4 RF1 Lap23798h盒桐ΦHondaブルーヘルメットMSCホンダCBR1000RR(2017)2 Laps-75 前田恵助YAMALUBE RACING TEAMヤマハYZF-R1(2018)7 Laps(リタイア)-198h濱原颯道Honda Dream RT 桜井ホンダホンダCBR1000RRSP2(2018)15 Laps(リタイア)-228h児玉勇太TEAM KODAMAヤマハYZF-R1(2018)15 Laps(リタイア)-768h豊田浩史NIPPON SUMATRA BIO MASSE+D1ヤマハYZF-R1(2018)出走せず

    あなたにおすすめ

    ニュース設定