ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 「レッドブルの1台よりも速かった」。マクラーレンのノリス、パフォーマンス向上を確信

「レッドブルの1台よりも速かった」。マクラーレンのノリス、パフォーマンス向上を確信

2

2019年04月08日 09:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第2戦バーレーンGP ランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP ランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
 マクラーレンF1チームのランド・ノリスは、チームが2019年に改善しつつあるのは間違いないとして、シーズン終盤には皆で祝えるような結果を出せるようになるかもしれないと語った。

 4年にわたって低迷してきたマクラーレンだが、今年は下位グループから抜け出し、オーストラリアではノリスが予選で8番手を獲得、バーレーンではカルロス・サインツJr.が7番手、ノリスが10番手と2台揃ってトップ10に入った。バーレーン決勝ではノリスが6位入賞を果たしている。

「(マクラーレンは)間違いなく復活しつつある」とノリスはSky F1に語った。

「ここまでの2戦で連続して予選Q3に進んでいる。(バーレーンでは)そこから6位を獲得した。去年よりいい流れができている」

「予想よりもペースがよかった。予選では強かったし、決勝でもファーストスティントはとても速く、その後もよかった。楽しんで走れたよ」
「ポイントを獲れると思っていた。実際、純粋なペースではレッドブルの一台よりも上だったんだ」

「(フェラーリのセバスチャン・)ベッテルに抜かれた後、彼があっという間に遠ざかっていくこともなかった。これからもこういうポジションで戦えるといいね」

 ノリスは決勝でピエール・ガスリーよりも上位でフィニッシュした。サインツは予選でマックス・フェルスタッペンと0.061秒差で、決勝序盤にはバトルをしている。マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、常にレッドブルと競えるほどの力はマクラーレンにはまだないと認めているが、MCL34が昨年型よりも向上したのは間違いなさそうだ。

 マクラーレンの2018年型MCL33は失敗作であり、早い段階からチームは2019年に向けた開発作業に集中した。

「今年はマシンを昨年型よりもシンプルなものにしようとした。ある意味、後退した部分もあるが、そこから前進し、いいベースを築いてきた。すべて、ファクトリーで頑張ってくれているメンバーたちのおかげだ」とノリスは言う。

「正しい方向に進んでいる。まだ2戦を消化した段階にすぎないけれど、シーズンをいい形でスタートしたのは間違いないから、この調子で前進していければ、シーズン終盤にはお祝いできるような結果を出せるかもしれないよ」

このニュースに関するつぶやき

  • 少なくともルノーワークスより強いコトは分かった(マテ‥
    • イイネ!4
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定