ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 大谷翔平が高校時代に立てていた最終目標とは?

大谷翔平が高校時代に立てていた最終目標とは?

1

2019年04月15日 15:50  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
新年度を迎え、新しいことにチャレンジしている人も多いでしょう。しかし、目標が大きすぎて息切れ……という人もいるのでは? 目標を達成するために、「目標設定のコツ」をメンタルトレーナーの柊りおんさんに伺いました。

【4月8日(月)『STEP ONE』の「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190408105430

■今できるレベルを見極める

歯を磨いたり、出かける前にお化粧をするといった、その人が無意識に何かをすることを「習慣」といいます。しかし、新しい習慣を身につけるには、最初は必ず「意志力」が必要になります。どうすれば、「意志力」をキープできる目標を掲げられるのでしょうか。

ルーティン化するのに大切なのは、「目標のレベル設定」です。「30歳になったら起業して、一部上場する」など、人生の最終的な目標は大きくて構いません。しかし、毎日の生活で努力をルーティン化するには、大きな目標を細分化し、今達成できるレベルを見極めることが必要になります。

:ある実験によると、人間のポテシャルは、今の130%まで引き上げることができると言われています。手を伸ばしても届かないけど、ジャンプすれば3回に1回は届きそうなレベルをまずは目標にしましょう。


■大谷翔平の場合

参考として柊さんが例に出したのが、メジャーリーガー・大谷翔平さんが花巻東高校時代に作っていた目標表です。

:大谷さんの高校時代の最終目標は、ドラフト1位で8球団から指名されることでした。そこで、この目標を、縦3、横3、計9個のマス目を作り、真ん中に書きます。そして、その夢を叶えるために必要な8要素を、周りの8マスに記入していきます。つまり、「ドラフト1位で8球団から指名される」を真ん中に書いたら、周りには「投球スピード時速160キロ」「メンタル」「人間性」などを書いて埋めていきます。そしてさらに、その8個の要素をそれぞれまた9つのマス目の真ん中に書き、その周りに達成するために必要なことを書いていきます。例えば「投球スピード」だったら、「体幹強化」「肩周りの強化」などですね。これを全てやると、「ドラフト1位で8球団から指名される」という最終目標に対して、計72個のやるべきリストが出来あがるというわけです。

大谷翔平さんの例にサッシャと増井は……

サッシャ:確かに、なんとなくやっているのが一番時間ももったいないですよね。明文化するのは大事かも。
増井:書いてあると、思い出せるしいいですね。

最後に柊さんは、もう一つ大事なこととして、「自分で考えること」を挙げました。

:目標を達成したときや、達成できそうなときに味わう「やったー!」という爽快でいい気分(=報酬)を味わうには、主体性が大きく関わってきます。主体性とは、自分で決めて、自分で行動することです。また、挑戦には失敗がつきものですが、誰かに言われたことをやる場合、失敗を誰かのせいにしがちなので、失敗から学ぶことができません。そして、やるべきことをやらずに、だらけてしまいそうなときは、「自分以外の誰かのために頑張ろう」という視野を持ってみてください。脳内には、目標に手が届きそうなときにワクワクする報酬系というシステムがあります。これは、人や社会のためになにか貢献できた、役に立ったと思うときに活発に働きます。そのため、夢を叶えるために他の人を蹴落とそうと考えるのではなく、たくさんの人を笑顔にできるように頑張ろう、社会に貢献できるように頑張ろう、という利他愛にもとづくモチベーションを考えてみるといいでしょう。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定