ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 中条あやみ&水川あさみ『白衣の戦士!』2ケタ発進も酷評の嵐「全体的にサムすぎ」「三浦大知の無駄使い」

中条あやみ&水川あさみ『白衣の戦士!』2ケタ発進も酷評の嵐「全体的にサムすぎ」「三浦大知の無駄使い」

2

2019年04月17日 20:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真日本テレビ系『白衣の戦士!』ドラマ公式サイトより
日本テレビ系『白衣の戦士!』ドラマ公式サイトより

 連ドラ初主演を務める中条あやみと水川あさみのW主演作『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が4月10日にスタート。初回視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタ発進を切ったものの、1話目にしてすでに先行き不安な内容でした……。

 その理由も含め、まずはあらすじから振り返っていきたいと思います。

 

まんま『ナースのお仕事』

 物語の主人公は、元ヤン新米ナースの立花はるか(中条)。四季総合病院・外科病棟で働くことになった彼女は、やる気と度胸だけはあるものの、初日から失敗しまくりで指導係の先輩ナース・三原夏美(水川)に叱られっぱなし。しっかり者の同期・斎藤光(小瀧望/ジャニーズWEST)とは差がつく一方です。

 そんなはるかが点滴交換を担当した患者がしばらくして急変。三原から「ナース失格」と叱られてひどく落ち込み患者も元へ謝罪に行くものの、実は、自分で点滴の速度を速めていたことを打ち明けられ、「あなたは悪くない」とフォローされます。しかしはるかは「このまま私のせいにしちゃいましょう!」「その代わりにもうやっちゃダメですよ!」と患者を気使い、場を和ませるのでした。

 はるかのもうひとりの担当患者は、超生意気な高校生・細川潤也(鈴木仁)。腸閉塞で入院中の彼は未成年なのにタバコを吸おうとしたり、ドクターから止められていた固形物を食べようとしたりと、超問題児で、元ヤンのはるかが厳しく注意しても何のその。ついに病院を抜け出してしまい、彼を探しにはるかは病院を飛び出します。

 仲間とハンバーガーを食べた後、彼が向かったのは母・智子(富田靖子)が働く居酒屋でした。見舞いに来ない智子に「見捨てられた」と思っていた潤也ですが、夫が家を出ていって以来、入院費を工面するため働き詰めで病院に行きたくても行けない状況だったことをはるかから聞き、せっせと働く母の姿をひっそりと見守りに来たのです。親子が久々の再会を果たしたとき、潤也が倒れてしまいます。

 その場に居合わせたはるかは、救急車が来るまでの間、泣きそうになりながらも電話越しの三原の指示を頼りに応急処置を施し、無事病院に運ばれた潤也は手術を乗り越え一件落着。

 その後、「三原さんが指示してくれなかったら何もできなかった」「本当、ナース失格ですよね」と自分の不甲斐なさを反省するはるかに、「立花さんのミスじゃなかったのにひどいこと言っちゃって」「あんたはちゃんとナースだった」と三原がきちんと謝り、2人は和解(?)――というのが1話のあらすじでした。

“新人ナース×先輩ナース”という組み合わせや、“病院を舞台にしたドタバタコメディ”という既視感アリアリな物語は、まるで1996〜2002年に観月ありさ&松下由樹がタッグを組んだ『ナースのお仕事』シリーズ(フジテレビ系)そのもの。

 脇を固める役者陣も、

・研修医で観月ありさの相手役だった藤木直人=新米ナース役の小瀧望

・看護部長役の吉行和子=看護師長役の沢村一樹

・松下由樹のライバル役の伊藤かずえ+婦長役の野際陽子=主任ナース役の片瀬奈々

・ドクター役の石原良純+外科部長役の長塚京三を足して2で割ったのが外科医役の安田顕

 と、キャラクターや立ち位置がかなり似ています。

 言わずもがな、9頭身という抜群のスタイルを持つ中条あやみちゃんは観月ありさと被るし、「立花さぁ〜ん!」と声を荒らげていた水川あさみの姿は、「朝倉ぁ〜!」と怒鳴り散らしていた松下由樹まんま。製作が発表された時点で「『ナースのお仕事』のパクリ」とネット上でささやかれていましたが、案の定、第1話を観ても、その二番煎じ感は拭えませんでした。

 違うのは、はるかが「元ヤン」だったということくらいでしょうか。演じる中条あやみちゃんはというと、眉間にシワを寄せたりして変顔を連発、低音ボイスでドスを効かせて頑張ってはいたものの、元々が綺麗系の華やかなお顔立ちなので、その可憐さが残っていて凄味がなく、どうしても“無理やり感”がありました。

 視聴者からも、「見た目は可愛いけど演技が残念」「男前な表情作りが思いのほか東出昌大」「まだ橋本環奈のヤンキー役のが見れたね 変顔しても可愛かったし」「広瀬アリスならうまくやりそう」と辛辣な声が……。

 主人公の元ヤン設定で本家との差別化を図りたかったのでしょうが、1話を見た限りでは失敗に終わっている感がプンプン。どちらかというと、中条あやみを純粋で頑張り屋の田舎娘とかにして、水川あさみや片瀬那奈を元ヤンにしたほうが、ハマっていたのでは?

 なお、今作で脚本を担当している梅田みかさんは、『花咲舞が黙ってない』『正義のセ』(ともに日本テレビ系)や『37.5℃の涙』(TBS系)などを手がけ、“闘う女性”を描くことには定評がある人物だけに、この先、どのようにして現代のお仕事ドラマへと仕上げていくのか期待したいところです。

 

古くてサムすぎる演出

 冒頭、はるかが元ヤンなのではないかと夏美が疑うシーンで、セリフと同じ字幕テロップがでかでかと画面を占拠したり、はるかがドジをすれば、吉本新喜劇ばりに全員がズッコケたり……、パヤパヤしたBGMも含めて全体的に古臭い印象を受けました。

 演出面でも本家をオマージュしているのかもしれませんが、実際にネット上を見ても「ダサすぎ」「演出が古くさくて全然笑えん」「信じがたいくらいサムい」との声が上がっているように、今の視聴者には受け入れ難いようです。

 特に近頃の医療ドラマは専門的な技術や知識を織り交ぜ、リアリティを重視する傾向にあるだけに、コメディタッチのストーリーは気軽に見れる分内容が薄く、軽薄に感じてしまいます。この作品にリアリティを求める人は誰もいないかとは思いますが、コメディをやるにしても、演出を含めて20年前と同じものをそのままそっくり持ってきただけでは、時流を読めていないにもほどがありますし、過去と比較されてしまうのは当然でしょう。

 権利の関係とか大人の事情がいろいろあるのでしょうが、いっそのこと、思い切って「リメイク版」と謳ってしまったほうがまだ傷は浅く済んだように思います。

 

三浦大知の無駄使い

 クライマックスで流れ出たのは、三浦大知による挿入歌「片隅」。木村拓哉&工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,による楽曲提供が発表されるやいなや、彼女のアンチからは「またゴリ推し」「三浦大知を利用するな」といった厳しい声が寄せられていましたが、三浦大知ファンからは「新鮮。 癒やされる」「正統派ですごくステキな旋律」「すごく良い曲」などと意外にも好評だったようす。

 ただ、病院を抜け出した潤也が、「お母さんはアンタに早く元気になってほしくて、その一心で頑張ってんだよ」というはるかの言葉を思い出し、仲間の誘いを断る——―という、クライマックスにしてはやや早めのタイミングで流れ出したため、「挿入歌のタイミングが変」「曲がドラマに合ってない」との声も。

 ドラマのために書き下ろされたものではないため、曲自体は良くても、切なげな詞の世界観とコメディ色の強いドラマの内容にギャップが生まれてしまったようです。まぁ、回を重ねるについて、馴染んでくるのかもしれませんが……。

 なお、今夜放送の第2話では、早速はるかが光とラブ展開に……? 三浦大知の歌声にも注目しつつ、生暖かい目で見守りたいと思います。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

このニュースに関するつぶやき

  • 設定の問題もあるし、残念な出来だと思うなぁ。ヤスケンが出ているから観ると思うけど。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定