ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーの映像作品化が決定

宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーの映像作品化が決定

0

2019年04月18日 04:30  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■ツアーは、宇多田ヒカルが2010年に“人間活動に専念する”ための一時活動休止前ラストコンサートを行った横浜アリーナで幕開け!

【動画】「Play A Love Song」ライブ映像&SPOT映像

デビュー20周年を記念し、2018年11〜12月にかけて12年ぶりに開催された、宇多田ヒカルの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』。2010年に“人間活動に専念する”ための一時活動休止前ラストコンサートを行った横浜アリーナで幕開けし、デビュー20周年記念日の12月9日に幕張メッセで締めくくるという、粋な日程で行われ、大きな話題を呼んだ。
全公演で14万人を動員し、「Automatic」「First Love」から、昨年リリースの「初恋」など、アンコール含め圧巻の全20曲を披露。そんな垂涎のライブが、6月26日に『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』として映像商品化されることが発表となった。

今回、宇多田ヒカルとしては初となる様々な形態でリリース。完全生産限定のパッケージ盤では、ツアー最終日の幕張メッセ公演を完全収録した『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』と、ツアーメンバーとスタッフのインタビューで構成されたドキュメンタリー『Talking About Laughter in the Dark』を加えた完全版をブルーレイディスクとDVDにそれぞれ収録。

また、オンステージからリハーサルシーンまでを多数の未公開写真で綴る60ページに及ぶフォトブック、さらに特典としてバックステージパス(レプリカ)を封入。さらに、ソニーミュージック移籍後に発表された3曲のミュージックビデオ(「Forevermore」「あなた」「初恋」)と、M-ON!でオンエアされたミュージックビデオ制作現場を追ったドキュメンタリー映像3作品を一挙収録したボーナスDVDをバンドル。ツアーに参加したファンはもちろん、惜しくも参加できなかったファンにとっても、このメモリアルツアーを追体験できる必携のアイテムとなっている。

オンラインショップ・店舗にて購入した人には、先着で“オリジナルネックストラップ”がもらえる購入者特典も!

なお、本作品は宇多田ヒカルにとって初のマルチチャネルで販売を実施。iTunes Storeではダウンロード販売が、スカパー!オンデマンドではペイパービュー販売が、さらにはNetflixではサブスクリプションビデオオンデマンドがサービス開始される。なお、宇多田ヒカルの映像作品がサブスクリプションで配信されるのは初のことだ。

パッケージの完全生産限定盤は本日より予約がスタートする。

PHOTO BY 岸田哲平


リリース情報
2019.01.18 ON SALE
SINGLE「Face My Fears」

2019.03.06 ON SALE
ANALOG「Face My Fears」

2019.06.26 ON SALE
Blu-ray&DVD『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』

予約リンクURL
https://erj.lnk.to/uRcH0WN

「Play A Love Song」(Live Ver.)視聴URL
https://youtu.be/cyEmv5jrLC4

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』SPOT 視聴URL
https://youtu.be/H-ql8i1VHsw

宇多田ヒカル OFFICIAL WEBSITE
http://www.utadahikaru.jp

    あなたにおすすめ

    ニュース設定