ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 「香川照之の昆虫すごいぜ!」5月3日放送 カマキリ先生、アリを捕獲

「香川照之の昆虫すごいぜ!」5月3日放送 カマキリ先生、アリを捕獲

1

2019年04月18日 20:50  シネマトゥデイ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真アリと格闘中のカマキリ先生 (C)NHK
アリと格闘中のカマキリ先生 (C)NHK

 昆虫マニアの香川照之が“カマキリ先生”として、昆虫をテーマにした熱い授業を展開する人気番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」のアリ編が、5月3日にNHK Eテレで放送されることが決定した(午前9時〜9時30分)。


 「僕はEテレで昆虫番組をやりたい!」という香川の願いから始まった本番組。幼少期から昆虫を愛してやまない香川がカマキリのコスチュームをまとい、トノサマバッタ、モンシロチョウ、タガメ、オニヤンマ、クマバチ、ハンミョウなどさまざま昆虫たちを取り上げ、寺田心らがふんする「子カマキリ」に昆虫の素晴らしさを説いてきた。特別編を含めると9回にのぼる。


 10回目の放送、「6時間目」の授業に選ばれたのは「アリ」。一見、地味だが実はその社会性や種類の多さなどで数多くの見どころがある昆虫だ。そこでカマキリ先生が、多くの種類のアリの違いを見ることを目的に、今回も体を張った捕獲に挑む。


 アリを手に取ったのは「45年ぶりぐらい」という香川。本番組の見どころを「アリ自体は見ることができるが、とても小さい。でも、よく見ると、頭の形とかがおもしろいです。今回の見どころは、そういうふだん見ることができない部分まで、大きく見せてくれるNHKの技術。カメラワークです!」とアピール。


 また、番組を楽しみにしている子どもたちに以下のように呼び掛けている。「5月は、虫がたくさんいるからね。みんなには、アリはもちろん、クマバチやモンシロチョウの授業を思い出してもらってもいいし、カマキリの卵もあります。番組を見たあとに、ぜひ、実際に外に出て実物を観察してもらいたいですね。特に今回のアリは、この時期は、身近な場所にいるのでぜひ観察してみてください!」


 なお、第5弾となる新カマキリ・コスチュームも披露されるという。(編集部・石井百合子)


「香川照之の昆虫すごいぜ!『6時間目 アリ』」は5月3日、NHK Eテレで午前9時〜9時30分放送(再放送:5月5日、NHK Eテレで午後4時30分〜5時)


【関連情報】
【写真】俳優では超シリアスな顔に!
カマキリ先生が帰ってくる!香川照之の異色教育番組特別編
及川光博、香川照之の表情筋に衝撃「アワビの地獄焼き」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定