ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 春日、相方号泣は「怖かった」

オードリー春日俊彰、求婚後の相方号泣は「怖かった」 一発ギャグスベるも胸を張る

15

2019年04月19日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真春日俊彰 (C)ORICON NewS inc.
春日俊彰 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(40)が「狙ってる女」こと一般女性のクミさんへプロポーズに向けた密着VTRが、18日のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング3時間SP』で放送。2008年から交際してきたクミさんにサプライズでプロポーズし、見事に成功した。番組後には囲み取材が行われ、番組での求婚劇を振り返った。

【写真】一緒にトゥースする春日&クミさん 若林&ゆずも見守る!

 これまで春日はクミさんと「6年前に出会った」と話してきたが、実は2009年に『FRIDAY』で2ショットを撮影された女性がクミさんで、相方の若林正恭にも隠しながら約11年も交際していた新事実が明らかに。長すぎた春に終止符を打つため、番組で盛大にプロポーズを行うこととなり、春日がピアノ演奏をして、人気デュオ・ゆずが「栄光の架橋」をコラボで歌唱する演出が施された。

 おめでたい席でのピアノ演奏といえば、陣内智則が2007年に元妻である藤原紀香との結婚式でコブクロの「永遠にともに」を演奏していた。その後、2年ほどで離婚したことから“縁起が悪い”と言われてきたが「それは多少ありましたけど、ピアノに罪はないなと。人と人の出会いは縁ですから、ピアノのせいではない。ピアノの歴史が、あそこで止まっているので、時計の針を進めようかな」ときっぱり。「ベタだなと思ったんですけどね。それも木下(優樹菜)くんから『ベタでいいんだよ』って言われて。そこでマラカスとかじゃ、おかしい話じゃないですか。もちろん、そっちもいきたいですけど、ピアノをど正面からいこう」と当時の思いを語った。

 ピアノを演奏していた場所が、今年1月に放送されたテレビ東京の連続ドラマで、春日が結婚式を挙げていた会場とたまたま同じだったという縁起のいいミラクルもあった。そして、クミさんの憧れのシチュエーション「教会」に場所を移し、春日は手紙を読み上げることに。

 時おり涙を流しながら、渾身のプロポーズとなったが「めちゃくちゃ泣いていましたね。とんでもなくいい手紙でしたからね。朝方までファミリーレストランで考えたかいがありました。山場があってという意味ではネタと同じだと思うんですけど、ネタを考えたことがないのでね、夜中3時くらいに若林くんに電話しようかなと思っていました」とニヤリ。「ヤマは、やはりそのー謝罪みたいなのがありましたけど『ごめんね』っていうところですかね。申し訳ないって崩さないで、その辺は大鶴義丹さん(の不倫謝罪会見)を意識して。本人に許可得てないですけど、いただいた形になりますね」と、小ネタを交えながら語った。

 プロポーズの様子を隠れて見ていた相方の若林正恭も号泣する展開となったが「いやー、ちょっとやっぱり怖かったですね。あんなに泣いて。番組では、けっこうパッと出てきた感じでしたけど、けっこう遅かったんですよ。打ち合わせでは、カメラがパッと出てくるはずだったんですけど、全然出てこないんですよ。若林さんが出てこないから。しばらく経ってから出てきて。泣きすぎて出て来られなかったみたい」と舞台裏を告白。相方のおめでたい話については「聞かないですよね。女優さんとね、一度ありましたけど…全然ダメでしたね(笑)。同級生が女優さんとお付き合いするのは、めちゃくちゃ面白かったんですけど、あんまりいい人間じゃなかったんでしょうね(笑)。頑張ってもらいたい」と呼びかけた。

 指輪は奮発して購入したが、ケチっぷりは変わってないようで「財布はひとつですね。毎月いくらでなんとかやりくりするパターンで。1ヶ月いくらくらいですかね…6万円とかですかね。それも多いのかな。家賃は3万9000円なので。それは自分で出しますよ。それは抜きで、あとは電話代とかも全部入れて、6万で」とピシャリ。最後に「一発ギャグ」での締めを求められると「なるへそー」と悩みながら「春日、結婚」と体でKの文字を作って披露するも、スベる結果に。それでも、じっと立ちすくみ「これ、絶対に使ってください。自分への戒めでね。撮ってないとダメだ。この醜態は残しておかないとダメだ。逃げないっていう。最後これで終わるって、どうだよ」と胸を張っていた。

◆春日俊彰(かすが・としあき):1979年2月9日生まれ、埼玉県出身。中学・高校の同級生の若林正恭と2000年にコンビ結成。当初のコンビ名「ナイスミドル」から、05年にオードリーに改名し、08年の『M-1グランプリ』で敗者復活戦からファイナリストに進出し、一気にブレイク。春日個人ではスポーツ分野でも活躍し、15年にフィンスイミングワールドカップマスターズ大会で団体銅メダルを獲得。そのほかキックボクシング、ボディビル、レスリング、エアロビクス、重量挙げに挑戦してきた。

このニュースに関するつぶやき

  • 若林…人間になったなぁT^T ……いい恋だったんだよ、きっと。春日のメンタルはいつも惚れ惚れする。お幸せに!^_^
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なんだかんだとイチャモンつけて素直に喜べない人って痛々しいね。公開プロポーズだろうがひっそりプロポーズだろうが、頑張ってるんだから、私は凄いと思うし応援する。お幸せに
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

ニュース設定