ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 木村拓哉、声優の学校体験入学

木村拓哉、声優の学校に体験入学 『ハウル』アフレコ時の宮崎駿との思い出を明かす

70

2019年04月21日 19:13  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映像配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ〜〜ん!』第38回の模様(C)Johnny&Associates
映像配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ〜〜ん!』第38回の模様(C)Johnny&Associates
 俳優・木村拓哉が出演する動画配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ〜〜ん!』第38回が21日、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(毎週日曜 前11:30〜11:55)放送終了後の正午から配信された。今回は、視聴者からの投稿をもとに「専門学校のアニメ学科」に体験入学する。

【メインカット】映像配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ〜〜ん!』

 学校の看板を前に「すごいなー」と感嘆しながら、学校へと入っていった木村。入学希望者とともに、学校に関する話を聞いた上で、いざ授業が行われている場所へと訪れたが「蜷川幸雄さんの舞台を経験した時に、同じ出演者の中で、もともと劇団四季にいらっしゃった壤晴彦さんという方が発声だったり、本番前に(口の)筋肉の使い方を教わったことがあるけど…」と緊張した面持ちを浮かべた。

 発声練習の場に木村がいることに気づいた生徒たちは「すごい!」と驚きながらも歓迎。「自分が経験したことのない役を演じる時はどうしているのですか?」との質問を受けると、『ハウルの動く城』で声優を担当した時のことを振り返り「ジブリ作品が大好きで(オファーが来た時に)舞い上がったんだけど、宮崎駿さんが来て『ハウルはね、星に当たってしまった少年なんですね。そういう感じで』っていう説明を受けて、100%理解できてないのに『わかりました』って言ってしまった」と明かした。

 そこから「自分が全部担うのではなくて、自分ができることは声、温度、スピーカーとして何ができるんだろうっていう風に考えることが大事」と力説。「頭でっかちになって考えがちなんですけど、現場に行くと共演者、監督がいてくれて、こういう場所だと先生がいてくれる。そういう人たちとの共同作業なんじゃないかな」と温かくエールを送っていた。

■『木村さ〜〜ん!』#38
4月21日正午より「GYAO!」にて配信開始
視聴URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/b612dbbb

このニュースに関するつぶやき

  • 八神隆之の声もやってたからね←ん?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 頼むから声優の仕事だけはすんなよ。アニメや映画に芸能人使われたら萎える。声優さんの仕事を奪うことだけはすんなよ! https://mixi.at/a6NHuEi
    • イイネ!48
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

ニュース設定