ホーム > mixiニュース > トレンド > 羽根つき餃子、バーボンロード……だけじゃない! 羽田空港を使うなら、東京・蒲田の“町工場”を感じられるホテルに泊まりたい

羽根つき餃子、バーボンロード……だけじゃない! 羽田空港を使うなら、東京・蒲田の“町工場”を感じられるホテルに泊まりたい

0

2019年04月22日 11:40  d.365

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

d.365

写真掲載:d.365
掲載:d.365
東京・大田区に位置する「蒲田」と言えば、熱々の羽根つき餃子や、個性的な飲み屋が集まるバーボンロードが有名だ。しかし、蒲田は3000以上の町工場が集まるモノ作りタウンとしての一面も持ち合わせている。

【詳細】他の写真はこちら


2019年4月19日、京急蒲田駅東口から徒歩3分という好立地に『ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田』がオープンした。ここは、蒲田の町工場やそこで働くクラフトマンの“体験価値を持つホテル”をコンセプトとしており、地元の町工場とのコラボレーションにより誕生した。重厚な製造機械や工業製品が館内に配置されるなど、これまでのホテルとは一線を画した仕上がりとなっている。

ホテルの中に一歩足を踏み入れると、いきなり視界に飛び込んでくる謎の機械。エントランスロビーに鎮座するこの物体は、金属などを切り削るための「旋盤機」という道具だ。実際の現場で使われていた“本物”の旋盤機は、蒲田の町工場の文化を発信する一端を担っている。

ロビーの天井には工事現場の足場などで使われる「エキスパンドメタル」、廊下の壁には建物の外壁や屋根に使われる「ガルバニウム鋼板」、室内の壁には木片やセメントを混ぜ合わせて作られた「木毛セメント板」が採用されるなど、一般的なホテルでは見ることのないユニークな素材が使われている。こうした工業製品がスタイリッシュな形でデザインされているのも、このホテルのオリジナリティを高めているポイントだ。

各階のフロアサインは、それぞれ違った素材、違った工場により作られたもの。アート作品のような美しさを、熟練の職人の技術により実現している。フロアサインのテーマにもなっている「合せる」・「掘る」・「削る」・「折る」・「磨く」・「曲げる」といった専門性の広さも、蒲田の町工場の特長と言えよう。

『ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田』は羽田空港とのアクセスが良いから、早朝便のための前泊や、旅行や出張時の宿としてもオススメだ。ゴールデンウイークに泊まるホテルを探しているなら、ぜひ予約が埋まる前にチェックしてみてはいかがだろうか。

関連サイト
ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田

textコバヤシユウタ(編集部)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定