ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > アンガールズ田中卓志、『フォートナイト』でCRだるまやリテイルローのおじさんとデュオに挑戦

アンガールズ田中卓志、『フォートナイト』でCRだるまやリテイルローのおじさんとデュオに挑戦

0

2019年04月22日 12:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

 4月17日、アンガールズの田中卓志によるゲーム配信番組『卓志ぃぃeeeee!』がテレビ東京公式Youtubeチャンネル&Twitchにて放送された。当日20時に配信部屋に姿を現した田中は、バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』(Nintendo Switch版)の実況プレイを開始。番組ADの城谷や『フォートナイト』界隈で知名度の高い「リテイルローのおじさん」、そしてプロゲーマーの「だるま」ら3名と共に、1位の座(ビクトリーロイヤル)を目指してオンラインの戦場に臨んだ。


(参考:『有吉ぃぃeeeee!』有吉のパワープレイさく裂『キャサリン・フルボディ』回復習&『ストリートファイター30th コレクション』予習) 


 これまでの配信で『フォートナイト』のプレイ経験がある田中は、自分1人で他のプレイヤーと戦う「ソロ」モードを選択。フィールド内で周辺を警戒しながらアイテムを探すと同時に、オブジェクトから資材を回収して態勢を万全に整えていく。しかし別のプレイヤーから背後を狙われてしまったせいか、相手に高所を取られる不利な状況で戦闘に。最終的に油断した隙を突かれてダメージをくらい、1試合目はあえなく敗北となった。


 この模様を見届けたリスナーからアドバイスのコメントに対し、田中も「なるほど」と頷きながらプレイの修正点を確認。続く城谷と組んだデュオは1試合目こそ結果がふるわなかったものの、2試合目は敵との交戦を避ける堅実なプレイを展開。敵に襲われた城谷がダウンすると、すかさずカバーをいれて1キル、残り6人になるまで生き残ることに成功した。


 番組後半になると、『フォートナイト』の研究に毎日6時間ほど費やすと語る「リテイルローのおじさん」が登場。「フォートナイトをプレイするために生まれてきた」と熱意を表明し、ビクトリーロイヤルを狙って田中とタッグを組んだ。一方の田中も「芸術的ビクロイ(ビクトリーロイヤルの略語)を取りたい」と返し、リテイルローのおじさんをアシストするためサポートに専念。先ほどの結果を超えるラスト4人まで生き残り、プレイを重ねて着々と成長する姿をリスナーに届けた。


 番組最後はリテイルローのおじさんに代わり、Crazy Raccoonに所属するプロゲーマー「だるま」が参戦した。アジア1位の実績を誇るだるまは、ハイレベルなプレイングで田中を勝利に導かんと奮闘。鉢合わせた敵をわずか数秒ほどで倒すと同時に、発見した物資の場所を田中へこまめに報告。複数人を相手に遅れをとることなく立ち回る。交戦に巻き込まれた田中が先にダウンするも、単身で敵の位置する場所を把握し、建築物を素早く組み上げて戦闘を開始。あと一歩のところで倒されてしまったが、世界に通用する卓越したテクニックを披露したと言えるだろう。


 配信の終了が近づくと、田中は今回のプレイを振り返って「デュオは積極的に動かないとね。(自分が)何か力になれれば」と発言。自身が公式アンバサダーを務めるeスポーツタイトルの競技大会『STAGE:0』について言及し、放送を締めくくった。


(龍田優貴 )


    あなたにおすすめ

    ニュース設定