ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 渡辺謙で「逃亡者」リメイク

渡辺謙×テレビ朝日、不朽の名作『逃亡者』日本初、完全リメイク

119

2019年04月24日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真渡辺謙主演で不朽の名作を日本で初めて完全リメイク。ドラマスペシャル『逃亡者』テレビ朝日で2019年度に2夜連続放送
渡辺謙主演で不朽の名作を日本で初めて完全リメイク。ドラマスペシャル『逃亡者』テレビ朝日で2019年度に2夜連続放送
 世界的に大ヒットした『逃亡者』が、テレビ朝日開局60周年記念作品として日本で初めて完全リメイクされることが明らかになった。主演を務めるのは、国際的に活躍する渡辺謙。「これまでの俳優人生で僕が追い求めてきたことは非常にシンプルで、自分の“好奇心の針”がビュンと振れるような作品との出会いを、ただひたすら求めてきた気がします。この『逃亡者』はまさにそんな作品です」とコメントを寄せる。2019年度中に2夜連続スペシャルドラマとして放送される。

【写真】缶コーヒーのCMでもおなじみのトミー・リー・ジョーンズ

 『逃亡者』は、1963年〜67年にかけてアメリカで放送され、テレビ史に残る高視聴率を獲得した名作ドラマ。“無実の主人公が、警察等の追及を逃れつつ、真犯人を捜し出す”というドラマには、サスペンス、ミステリー、犯人探し等、ハラハラドキドキする要素が満載されており、逃亡者と追跡者の間にいつしか友情が芽生えていく感動のストーリーも視聴者の心を掴みにした。

 日本でも64年〜67年に放送され、一世を風靡し、最終話の放送時刻には町から人が消えた…などの逸話が残されている。また、93年にはハリソン・フォード主演で映画化され、保安官を演じたトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞助演男優賞を受賞。ジョーンズにとって出世作となり、日本でも大旋風を巻き起こした。

 今回、テレビ朝日とワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)が手を組み、日本版を制作。舞台を東京オリンピック開幕間近の現在の日本に置き換え、物語を再構築。

 渡辺が演じる主人公は、エリート外科医・加倉井一樹(かくらい・かずき)。ある夜、彼の妻が惨殺される事件が起きる。現場に居合わせた加倉井は、義手の男が犯人だと訴えるが、逮捕起訴され、裁判で死刑判決が下されてしまう。ところが、護送車が事故に遭遇。加倉井は無実を証明するために逃亡する。自らの手で真犯人を探し出すほかに、残された道はない、と信じて…。しかし、主人公は、現代のハイテク捜査にも追い詰められていくことになる。

 「実は、医師を演じるのは初めて」という渡辺。「今回の作品では、医師として“生命の重さ”を知る主人公が、自らの命をどう生き抜いていくか…そこに執着していきます。ある意味、“生きる力”みたいなものを試される役柄ですね。そして役はもちろんのこと、僕自身の“生命力”も試されていくドラマになる気がしてなりません。そこがとても面白いなと思っています。でも実際の人生では、追う側も追われる側もイヤですね。こんな追跡劇には、絶対に関わりたくありません(笑)」。

 『相棒』シリーズなどでおなじみの和泉聖治監督のもと、アクションもふんだんに盛り込まれた大活劇になる予定で、「撮影はこれからですが、監督からどんなことを要求されても耐えられるような身体作りはしておかなければと覚悟しています」と渡辺もやる気満々だ。

 逃亡者を執拗に追う刑事、医師である主人公の周りの医学界の人々、そして殺される妻などのキャスティングも今後の注目を集めそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • モンスターて 漫画が
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「日本で初めて」ではなく、2004年に江口洋介主演で連ドラ化されてるよね(^^;。日本初ということにしておいた方が、話題性が出て都合がいいのかもしれないけど、過去を改竄しちゃ駄目だよね…某国じゃあるまいし(-.-)。
    • イイネ!29
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(78件)

あなたにおすすめ

ニュース設定