ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 春の不調には旬野菜が◎!「新じゃが&新たまねぎ」の力とは

春の不調には旬野菜が◎!「新じゃが&新たまねぎ」の力とは

0

2019年04月26日 12:10  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

新しい季節が始まって、疲れが出たり気持ちが不安定になったりする「プチ不調」を感じていませんか?

そんな方には、今が旬の新じゃがいもと新たまねぎをおすすめします。国際薬膳調理師の筆者が、「新じゃがいもと新たまねぎが、なぜ今の季節に良い食材なのか」について、薬膳の目線でご紹介します

■春に出やすい不調とは?

薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)において、春はイライラして怒りっぽくなったり、落ち込んでしまったりと、感情が不安定になりやすい時期といわれています。

また、だるさや疲れがでやすい時期でもあります。

この時期には、エネルギーチャージをしながらイライラを緩和してくれる食材を摂り入れましょう。

■ダルさ、疲れには「新じゃがいも」

じゃがいもは、気(き)をおぎなう食材といわれています。気は生命エネルギーですので、気の量が減ってしまうと、だるさや疲れを感じやすくなります。ですから、じゃがいもを食べてエネルギーチャージをしましょう。

新じゃがいもは、身体の熱を冷まし、余分な水分を排泄してくれる働きが強いので、むくみを感じやすい人にもおすすめです。

■イライラしない心をつくるには「新たまねぎ」

中医学の世界でイライラは、気の巡りがとどこおっているため起こりやすいといわれています。十分な気の量があり、とどこおりなく巡っていると不調を感じにくくなりますが、とどこおりがあるとイライラしてしまう原因につながります。

そんな時には、たまねぎの力をかりましょう。たまねぎは、気の巡りを良くしてくれる働きが期待できるので、イライラしている時にぴったりです。

また、身体を温める力も期待できますので、冷えが大敵な女性におすすめしたい食材です。

いかがでしたか? 旬の食材は美味しいだけでなく、その季節に出やすい不調を緩和してくれるパワーがつまっています。ぜひ、毎日の食卓で旬の食材を味わってくださいね。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口ゆうみ自ら抱えていた不調を、薬膳に出合い克服したことをきっかけに、同じ悩みを抱く女性の助けになりたいと思い、スクール歴代トップ5に入る成績で資格を取得。体質カウンセリング、レッスン、イベント開催の他、薬膳コラムも執筆中。簡単にできる薬膳の知恵をお届けしています。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定