ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > クラッシュのクビサ「小さなミスが大きな代償につながった」。決勝出場は可能な見通し:ウイリアムズ F1アゼルバイジャンGP土曜

クラッシュのクビサ「小さなミスが大きな代償につながった」。決勝出場は可能な見通し:ウイリアムズ F1アゼルバイジャンGP土曜

0

2019年04月28日 17:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ロバート・クビサ(ウイリアムズ)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ロバート・クビサ(ウイリアムズ)
 2019年F1アゼルバイジャンGPの土曜予選で、ウイリアムズのロバート・クビサは19番手だった。クビサはQ1最後のアタックラップでミスをしてバリアにクラッシュし、予選を終えた。チームは、「マシンのダメージを調べているところだが決勝までに必要な修理が終わる見込み」だと述べている。

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ロバート・クビサ 予選=19番手
 このコースでは、比較的小さなミスが大きな代償につながってしまう。ここに来る前から分かっていたことだが、残念ながらこうなってしまった。

 大きな衝撃ではなかったけれど、通常どおりのメディカルチェックを受けた。身体は問題ないよ。

 ターンインが早すぎて、ウォールにこすってしまった。それで次のコーナーでアウト側に振られてしまったんだが、そこはF1カレンダーのなかでも最も狭いポイントだったんだ。

 温度の問題にも苦労していたが、これはドライバーのミスだ。マシンのダメージがどれほどのものかを、これから検証するよ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定