ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ライコネンが予選失格、ピットレーンスタートに。ガスリーのPUパラメータが変更:F1アゼルバイジャンGP

ライコネンが予選失格、ピットレーンスタートに。ガスリーのPUパラメータが変更:F1アゼルバイジャンGP

1

2019年04月28日 21:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真【関連写真】2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)のマシンの作業を行うメカニックたち
【関連写真】2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)のマシンの作業を行うメカニックたち
 アルファロメオのキミ・ライコネンがF1アゼルバイジャンGPの予選で失格になった。ウイングに規則違反があることが発覚したためだ。

 スチュワードは、日曜、ライコネンのウイングがF1技術レギュレーション第3.9.8条に違反しており、予選失格とするという裁定を下した。

 第3.9.8条には「フロントウイングのフラップ後縁部のいかなる部分も、フラップに対して60Nの力が垂直に掛けられたときに、負荷軸に沿って計測し、5mm以上歪んではならない」と定められている。ライコネンのフロントウイングは5mm以上の歪みが出たということだ。

 これにより、ライコネンはピットレーンから決勝をスタートすることが決まった。

 一方、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーも、FIA重量計測に応じなかったこと、予選で燃料流量規定の違反があったことからピットレーンスタートが決まっている。燃料流量の違反を受け、ホンダはガスリーのパワーユニットのSECUパラメータを変更した。

 ウイリアムズは、ロバート・クビサが予選でクラッシュした後、セットアップ変更を行ったため、クビサもピットレーンからスタートすることが決定している。

このニュースに関するつぶやき

  • あくなきフレキシブルウイングの追及w まぁ5mmまではたわんでもいいんだからね \(~o~)/ それがF1のエンジニアリング (*^^)v
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定