ホーム > mixiニュース > トレンド > おしゃれランドセル界に新星

おしゃれランドセル界に新星が登場! 「南フランスのフレンチシャビー」に「ブルックリンのヴィンテージ」って一体どんなの〜!?

485

2019年05月05日 10:00  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


来春、お子さんが小学校に入学するという皆さん。そろそろラン活(ランドセル活動)始めてますか? 各メーカーから新商品が続々と登場している時期ですよね。人気商品はすぐに予約完売になってしまうので、急いだほうがいいかもしれません。

さて、そんな中で目に留まったのが、事務用品メーカーとして定評あるイトーキが新たに手がけるランドセルブランド「QNORQ(クノーク)」女の子は南フランス、男の子はニューヨーク・ブルックリンと、ロマンの香る場所をイメージしたテイストのデザインになっているんだそう!

最近のランドセルには凝ったものが増えているけれど、南フランスやブルックリンの空気を感じるランドセルっていったいどんなの……!?

【女の子は南フランスのフレンチシャビーテイスト】

まずは、南フランスの雰囲気をデザインに取り入れたという女の子向けランドセル「ジョリフィーユ」

そのテーマは、「フレンチシャビー」。インテリア用語のこの言葉は、長く使われた家具の雰囲気を生かしたフランス流のナチュラルなデザイン、といった意味。メーカーによると「ものを大切にするという文化に触れて、やさしい心を育んでほしい」という願いをこのランドセルに込めたのだそう。


自然を表現した刺繍やさしい色合いのボタニカルデザインアンティークの鍵を模したジッパーなどが、フランス流のていねいな暮らしを思わせる、優しくもキュートな雰囲気を作っています。カラーはキャメル、アメジストネイビー、ルージュ、ペールローズの4色。「レッド」「ピンク」といった名前になっていないのも今どきっぽい!

【男の子はブルックリンのヴィンテージテイスト】

いっぽう、男の子向けのランドセル「ブリックウェイ」は、「ヴィンテージ」がテーマ。

ニューヨークのカルチャー発信地として知られるブルックリン地区、そのクリエイティブな雰囲気をもたせたデザインです。女の子の「フレンチシャビー」と同じく「長い時間を経たもの」をモチーフにしながらも、こちらはどことなく硬派。

かぶせの内側にヴィンテージ・ポスター調のグラフィック、活発な印象のベースボールステッチ、そしてかすれ文字のナンバープリントなど、シンプルながら深みのある独特の世界観がオシャレ! たしかにブルックリンの雰囲気を表現したデザインという感じです。カラーはアンバーブラウン、ネイビーブルー、ビターブラックの3色、これまたシブかっこいい!

【今の小学生がちょっとうらやましい】

どちらも女の子、男の子それぞれが好きそうなモチーフが含まれていて、子どもたちにも好まれそう。最近はカラーバリエーションが豊富なだけではなく、ランドセル自体に込められたコンセプトも実に自由でさまざまなんですね!

実は我が家の息子も来春、小学校入学。今年ランドセルを買わなくてはいけませんが、こうした各メーカーのコンセプトなどまでふくめて数ある中からどれにするか決めたいと思います。「男の子は黒、女の子は赤」ほぼ一択だった昔にくらべると、時代とともに本当に変化したものですよね!

参照元:プレスリリース、クノーク
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る

このニュースに関するつぶやき

  • ロッテ ビックリマンまじゃりんこシールとコラボ〔ランドセミ〕
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • そんな金かけるなら普通に養育費に使ってやれよ!
    • イイネ!234
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(313件)

あなたにおすすめ

ニュース設定