ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 大谷、219日ぶり復帰戦で打点

大谷翔平、復帰戦は4打数無安打1四球1打点 エンゼルスは連敗ストップ

23

2019年05月08日 11:23  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真3回に復帰後初打点をマークし、ベンチでタッチを交わす大谷
3回に復帰後初打点をマークし、ベンチでタッチを交わす大谷
● タイガース 2 − 5 エンゼルス ○
<現地時間5月7日 コメリカ・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手が7日(日本時間8日)、敵地でのタイガース戦で実戦復帰。「3番・指名打者」で先発し4打数無安打とノーヒットに終わったが、第2打席で今季初打点を記録するなどチームの連敗ストップに貢献した。

 初回、一死一塁の場面でタイガースの先発左腕・ノリスと対戦。2ボール2ストライクからのスライダーに手が出ず、復帰後初打席は見逃し三振に倒れた。

 3回は1番・フレッチャーの左前適時打で先制したあと、なおも一死二、三塁の好機で2度目の打席。再びノリスに追い込まれたが、最後はスライダーをバットに当て、遊ゴロの間に三塁走者が2点目のホームを踏んだ。4番・シモンズも左前適時打で続き3点目。大谷が加わった打線がつながりを見せた。

 5回の第3打席もノリスと対峙し、スライダーにタイミングが合わず空振り三振。7回は一死二塁の好機で救援右腕・ヒメネスから痛烈なナイナーを放ったが、相手三塁手・カンデラリオの好守に阻まれ三直となった。9回は左腕のフェルナンデスから四球で出塁。その後、チームは5点目を奪った。

 昨年10月に右肘手術を受け、負傷者リスト入りしていた大谷。復帰戦は4打数無安打、1四球2三振1打点の成績。公式戦出場は、昨季最終戦の18年9月30日以来、219日ぶりだった。

このニュースに関するつぶやき

  • 打点で活躍ですね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 復帰戦で、打点を挙げ、チームも勝てたのは、良かったと思います。
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

ニュース設定