ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 阿藤快に隠し子がいた!?王貞治一族の知られざる秘密も公開『爆報!THE フライデー』

阿藤快に隠し子がいた!?王貞治一族の知られざる秘密も公開『爆報!THE フライデー』

0

2019年05月09日 16:41  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

王理恵が、5月10日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系、毎週金曜19:00〜)にゲスト出演し、世界のホームラン王・王貞治一族の知られざる秘密を明かす。

MCを爆笑問題、スペシャルMCを田原俊彦が務める同番組は、芸能界やスポーツ界で輝いた有名人の知られざる一面をニュース形式で紹介するバラエティ。同日は、テリー伊藤、アンガールズ、友近、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、フットボールアワーも出演する。

一本足打法で、世界記録となる通算868本ものホームランを放った世界のホームラン王・王貞治。そんなプロ野球界の名選手・王の実家は、王の父・王仕福さんが営んでいた中華料理店「五十番」だ。

仕福さんの引退に伴い、37年続いた「五十番」は1965年に閉店となったが、今回番組では王が幼少期から現役時代までよく食べたという「五十番」のラーメンを求め、「五十番」から巣立った料理人が暖簾分けされて開いた同じ店名の「五十番」へ。ところが「五十番」は突如消失しており、娘の理恵が緊急追跡。初めて知る王一族の秘密とは?

また、プロ野球界で数々の記録を打ち立て、日本中を熱狂させた王を封じ込め、あの江夏豊や星野仙一にも勝る防御率で「王キラー」と呼ばれた投手・安田猛にも注目。

1971年、ヤクルトに入団し、1年目から新人王と最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、一躍スター選手になった安田。1981年、王が引退した翌年、王の後を追うように安田もユニホームを脱いだ。

引退から37年、「王キラー」と呼ばれた安田は今、がんで余命宣告を受けていた。過酷ながん闘病生活を続ける安田を救ったのは王だというが、果たして王は何をしたのか?

さらに、TVドラマ、映画と幅広く活躍するも、2003年に45歳の若さで自ら命を絶ってしまった俳優の古尾谷雅人さんにも着目。この悲劇をきっかけに古尾谷家を不幸の連鎖が襲っていた。番組では今から3年前、夫の死後激変した元女優で妻の鹿沼絵里の生活を取材。

古尾谷さんが残した莫大な借金や自身に襲い掛かる病魔に苦悩する鹿沼を支えていたのが、かつて俳優をしていた長男であったが、彼は今一体どうしているのか――。

また、俳優として活躍する一方、日本全国を旅するリポーターとしても多くの人に親しまれた名優・阿藤快さんも取り上げる。2015年11月、自宅マンションで大動脈瘤破裂により69歳の若さで亡くなっているのを発見され世間に衝撃を与えたが、さらに世間を驚かせたのが、なんと隠し子騒動だった。

阿藤さんの葬儀に、喪主として突然現れた1人の男性。彼こそが阿藤さんがなくなるまでずっとひた隠しにされてきた阿藤さんの息子だった。彼は今どうしているのかを追うと、隠し子騒動から一変、驚きの新生活をおくっていて……。

ほか、人気キャスター・小宮悦子とテレビ朝日に同期入社し、『クイズタイムショック』で知られる美人アナウンサー廣瀬雅子の今を追跡。彼女は今子役事務所で驚きの職業に転身しており、結婚して退社した彼女が32年ぶりにテレビ出演する。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定