ホーム > mixiニュース > 社会 > 国技館の警備、米側と連携

国技館警備、米側と連携=SP配置、爆発物探査−トランプ氏升席観戦で・警視庁

59

2019年05月24日 15:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真トランプ米大統領の来日を控え、コインロッカーで爆発物の探査を行う警視庁の警備犬。両国国技館での警備でも活用される=23日午前、東京都千代田区
トランプ米大統領の来日を控え、コインロッカーで爆発物の探査を行う警視庁の警備犬。両国国技館での警備でも活用される=23日午前、東京都千代田区
 トランプ米大統領が令和に改元後初の国賓として25日に来日する。3泊4日の滞在中は東京・両国国技館の升席で大相撲を観戦する予定だ。警護対象が四方八方を多数の人に取り囲まれるため「難しい警備」(警視庁幹部)となるが、同庁は米側とも連携して万全の態勢で臨む。

 大統領は千葉県茂原市のゴルフ場や神奈川県横須賀市の海上自衛隊基地に停泊中の護衛艦も訪問する。警察庁によると、警視庁は最大約1万8000人、千葉、神奈川両県警はそれぞれ同約3500人を動員する。

 米大統領単独の来日としては、2001年の米同時多発テロ以降で最大規模の警備で、検問や首都高速での交通規制が実施されて市民生活にも一部影響が出そうだ。警視庁は規制内容をホームページで公表している。

 大統領による大相撲観戦は、26日の千秋楽に予定されている。2階の貴賓席ではなく、すり鉢状の国技館では底に位置する升席に座る予定だ。

 関係者によると、大統領の左右や背後などには大統領警護隊(シークレットサービス)や警視庁の警護官(SP)を配置。警視庁の警備犬だけでなく、米側も犬を使って館内や周辺に爆発物などがないか事前に確認する。観客の所持品検査は日本相撲協会側が行う。 

日米首脳がプレー予定のゴルフ場で、敷地内を目隠しするために黒い幕を準備する関係者ら=24日午後、千葉県長南町
日米首脳がプレー予定のゴルフ場で、敷地内を目隠しするために黒い幕を準備する関係者ら=24日午後、千葉県長南町

このニュースに関するつぶやき

  • 本日の千秋楽結びの1番は、安倍とトランプによる日米関係の取り組み。 国技館じゃなきゃダメか?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いい勉強になるんじゃない。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(40件)

あなたにおすすめ

ニュース設定