ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 旅の醍醐味は観光地ではなく宿泊先! 紀行作家・稲葉なおとが見てきた深夜の宿

旅の醍醐味は観光地ではなく宿泊先! 紀行作家・稲葉なおとが見てきた深夜の宿

0

2019年05月29日 19:40  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『TOPPAN FUTURISM』(ナビゲーター:小川和也・南沢奈央)。5月26日(日)のオンエアでは、一級建築士で紀行作家の稲葉なおとさんをゲストに迎え、「人をもてなす建築」をテーマにお送りしました。


■宿は夜中と明け方が楽しい

稲葉さんは著書『まだ見ぬホテルへ』でデビュー以来、国内外の名建築を題材にした『名建築に泊まる』、『匠たちの名旅館』、『ミッドナイト・ホテル』などの著書を出版。作家デビュー20周年となる今年、これまでの建築文化の発展と啓発が評価され、日本建築学会文化賞を受賞しました。

そんな稲葉さんの旅のスタイルは、「宿泊先が目的地」です。そのため、観光地はあまり見てまわりません。行った先々のホテルで、「チェックインからチェックアウトまでずっと宿にいるのが楽しい」と話します。

稲葉:基本はずっと宿にいます。夜中の宿は自由なので、どこもかしこも見て回れるんです。例えば、翌日に向けて大パーティーがある宴会場では、設営作業をやっていて、職人たちが汗をかいている。その人たちを入れて宴会場の写真を撮る。または、スタッフのバースデーパーティーが開かれていて、「何やってるのかな?」「何だお前」みたいな感じなんですけど、「ちょっとお前も一緒に飲め」みたいな感じで引き込まれて行ったり。そういった深夜の姿を見るのが好きです。
南沢:建築だけじゃなくて、人などにも注目するんですね。
稲葉:人の気配を見るのが楽しいです。建築は生き物なので、建築写真も好きですが、そこの宴会場を名建築として撮るよりは、そこで行われる催しなども含めて撮ったりすると、建築が引き立ってきます。おそらく建築家もそういうイメージで設計していると思います。

また、日本の宿は建築として、「明け方が非常に美しい」と稲葉さん。

稲葉:夜明けの30分前くらいから黒い空がだんだん青白くなってくるんですけど、その光が浮かび上がってくる建築がすごくきれいなんですよ。
小川:早起きしなきゃいけないですね。
稲葉:寝る時間がどんどん短くなるんですけど(笑)、それを見ると見ないとでは全く印象が違うと思います。
小川:最近できた宿と古い宿で、光を取り込む傾向は違いますか?
稲葉:照明の技術が上がっているから、夜のごまかしはライトアップで効くんです。でも、明け方の青白い光は本当の建築のよさを浮かび上がらせ、立体造形の美しさが見えてくるんです。


■人の手作業をいかに残していくか

今後さらに技術が進み、ホテルマンがロボットになったり、AI(人工知能)でお客さんのマーケティングをしたり、無人ホテルになることも予想されます。小川は「そうなると、それは果たして『もてなす』と言えるのか」と、疑問を投げかけます。

稲葉:それは、ホテルや旅館の仕組みを作る人の意識によって全く違ってくると思います。例えば、僕が印象に残っているホテルのコンシェルジュで言えば、僕が「この目的地に行きたいんだ」と言えば、彼は情報が書き込まれた地図を広げて、目的地だけではなく僕の要望を解析していろいろな情報をくれました。一方で同じ要望をコンピューターに任せると、単に時間と距離で目的地までの最短ルートを教えてくれるけど、僕はそれだけじゃ物足りない。今後、先ほどのホテルのコンシェルジュのように、ちゃんと要望を聞いてもらえるようなコンピューターコンシェルジュがいるのであれば面白いかもしれません。そういった意味でも、もてなしを作る人の意識が重要になると思います。

最後に「人をもてなす建築の未来のカギ」について、「人の手作業をいかに残していくかが、今後ますます重要なキーワードになるのでは」と稲葉さん。

稲葉:古いホテルで明け方にスタッフが、昔ながらの真ちゅうの取っ手などを一生懸命に磨いている様子とかを見ると、建物に対する愛を感じますね。
小川:建物を大事にする姿勢が見えるときですよね。
稲葉:本当にそうですよね。

旅の仕方のアドバイスが詰まったオンエアとなりました。気になった方は、ぜひ稲葉さんの著書も手にとってみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TOPPAN FUTURISM』
放送日時:毎週日曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/futurism/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定